2017年7月19日 (水)

無為庵菜園夏野菜収穫7月8日から7月19日まで

7月8日 トマトは大玉、中玉黄色、アイコ、イエローアイコ、ミニ。丸ナス、バジル、シソ、ヘビーリーフもちぎってきた。

Dscf1207
7月9日 トマスとナスの他にピーマンも。ピーマンのこまいのは赤ピーマンだが、樹勢維持の為に早めに収穫し後半は時間を掛けて赤くなるのを待つことにする。イエローアイコの内 未だ完熟どころか色さえも出ていないのを間違って鋏を入れてしまった。よくあることだ。そのままおいとくと色が出てくる。

Dscf1212
7月11日 今年は黄色が元気だ

Dscf1230
7月14日 大玉も順調

Dscf1232

7月16日 青いトマトが多すぎだろ。相当目が悪くなっているのか?

Dscf1235
7月17日 

Dscf1236
7月18日 三日連続の収穫である。雨が降ったので裂果の懸念があるので、急遽収穫した。急いだので黄色ミニは房ごと収穫した。

Dscf1239
7月19日 道路際の植栽ボックスウッド(西洋柘植)の薬剤散布や花期終了のギボウシの花柄処理の序にヘビーリーフ(撮影なし)とアロエベラモロヘイアを収穫した。レタス類に一部虫が来ている。オクラはどうやら連作障害のようだ。アロエベラはヨーグルトに入れて先月老妻が作った梅ジャムを入れて楽しんでいる。

Dscf1240

2017年7月 7日 (金)

無為庵菜園夏野菜収穫7月3日から7月7日まで

7月3日
ゴーヤの蔓が伸びてきた。ゴーヤの奥が成長が遅いオクラで右はトマト。
Dscf1187
実生のシソを鉢に移植している。虫にやられたが、最近もりかえしてきている。こういう時収穫すると美味しい。

Dscf1188
リス園でリスにあげるための種を孫が持ち帰っていたので庭のあちこちに蒔いてみた。この場所のが成長がいい。日当たりが良くて、土も良かったらしい。

Dscf1189

5月妻の実家から頂いた里芋の苗である。水をたっぷりあげている。順調に育っているようにみえる。乾燥防止のために敷き藁の代用は役目を終えた「コリアンダー(パクチー)」である。

Dscf1191
種から育てている「九条ネギ」昨年はアブラムシにやられたので絶えずウオッチしている。

Dscf1192

収穫 丸ナス、大玉トマト、中玉トマト、アイコ、ミニトマト 二人暮らしには十分すぎなので、娘家族にもおすそ分けする。

Dscf1194

トマトは前日に収穫していたので、ヘビーリーフのみを摘み取ろうと思ったが、トマトもいい状態に見えたので一緒に収穫した。

Dscf1195
7月6日
収穫 ベビーリーフとピーマンも。今年は黄色が多いかもしれない。

Dscf1199
7月7日
菜園の様子
ゴーヤの様子
Dscf1200
トマトと後ろは里芋

Dscf1201
ひまわり
Dscf1203

今年無為庵の玄関ポーチを飾ってくれた柏葉アジサイは挿し木をした。

Dscf1204
葉物の収穫 モロヘイアは今夏初、明日葉、ベビーリーフ、バジル

Dscf1206

2017年7月 1日 (土)

無為庵菜園夏野菜収穫6月24日から7月1日まで

6月24日

Dscf1171
6月25日 雨がふっている。トマトの裂果懸念あり急遽収穫することにした

Dscf1173
6月26日 孫が来たので一緒に収穫した。

Dscf1175j
6月29日 今日は黄色が多い

Dscf1179
7月1日 今日は赤が上回ってる

Dscf1183

2017年6月22日 (木)

梅酒作りと菜園収穫

妻の実家から梅の実を頂いた。青梅と少し黄色くなった梅が混じっている。
青梅は梅酒にすることに。1キロ強の青梅に500gkの氷砂糖、1.8リットルのホワイトリカーで、大きな容器がなく3つに分けた。

Dscf1166

黄色の梅は老妻が明日ジャムにする予定。

菜園で丸ナス2個、ナガナス1個、ピーマンは小ぶりだか沢山実をつけているので樹勢を弱らせないために早めの収穫2種2こづつ。トマトはミニ3個アイコ2個イエローアイコ3個、バジルと青紫蘇も。

Dscf1170

2017年6月19日 (月)

神戸帰省

義母を送り届けるため、先月に引き続き神戸へ帰省した。

厚木の手前から富士山が見えて義母も喜んでいた。

Dscf1136
Dscf1137
大井松田7㌔の手前では更にきれい

Dscf1138
小田原の手前

Dscf1142
足柄手前

Dscf1151
今回も御殿場から新東名へ、そして伊勢湾岸道へ

Dscf1157
長島

Dscf1158
新名神、名神、西宮から阪神。阪神からは懐かしい六甲の山並みが見れて感激。犬の散歩に行っていた摩耶山も望めた。義母の家は更に西。

Dscf1159
Dscf1161
神戸港のシンボル「ポートタワー」

Dscf1163

2017年6月18日 (日)

菜園便り

無為庵菜園を久しぶりにアップします。昨秋種を蒔いて育てた大根は初めての割にはよくできた。

Img_9148
ブロッコリーも初めてだが、春先に鳥に葉っぱをかなり食べられたが、途中から防虫ネットをはりなんとか収穫できた。今年も大根同様挑戦するつもりだ。

Img_9147
さて夏野菜のシーズンであるが、すでにナスとピーマンの四株は初果はお約束通り早めに収穫済であるが明日から旅行に出かけるので、収穫可能なナスとミニトマトをもぐのでその前に菜園を撮影した。
まずは今年食べきれないほどのできであったレタス。時差をつけて蒔くとよさそうだ。

Img_9325
毎年蒔いているオクラは今年は元気がない。

Img_9327
実生の青紫蘇を鉢に移植。葉っぱが大きく育ちました。ゴーヤ、ニラ、バジルも元気だ。バジルはトマトのコンパニープランツで余分な水分を吸収してくれるというので、トマトの株のそばに植えている。

Img_9328
茗荷は今年か去年開墾した菜園に一部移植したがいずれも生命力の強さを発揮している。

Img_9334
八丈島旅行の際、道に生えていた小さな苗を持ち帰って今や無為庵の庭どころか隣の家の庭にも勢力を伸ばしている「明日葉」青物の少ない冬場にも枯れず、今年古希を迎える無為庵清風の精力剤だ。

Img_9336
王様の野菜「モロヘイア」

Img_9337
ネギコーナー 別途九条ネギの種を蒔いており、プランターで大きくなっている。

Img_9338
今年頂いた里芋も元気に育っている。

Img_9342
ナスとピーマン

Img_9335
大玉トマト

Img_9343
中玉トマト

Img_9344
ミニトマト

Img_9345
イエローアイコ

Img_9330
トマト 昨年駐車場拡張の為菜園が狭くなったので、通路だったところをギンモクセイ、アジサイ、ローズマリーなどを伐根し開墾して菜園化

Img_9340
さて本日収穫したのはミニトマト赤3、アイコ赤1、イエローアイコ2.ナス1、バジル2、明日葉2本

Dscf1131
一週間前に収穫した丸ナスの一番果

Dscf1105

2017年6月 9日 (金)

浄土宗湯島山常光院浄心寺

南北線「東大前」2番出口を出て本郷通りを駒込方面に進み向丘一丁目交差点の先に目標が右手に見えてきた。

Img_9311

湯島山常光院と號す、浄土宗芝増上寺末なり、元和七年創立、開基は畔柳助九郎、開山は僧到譽(元和七年寂)とす。本尊阿弥陀如来は恵心僧都の作と稱す、又運慶作といへる地蔵尊安置しあり。(東京名所図会より)

Img_9315

本堂前の大提灯を見ると今年大屋根葺替えをしたばかりのようだ。

Dscf1114_2

寺務所入口右手に葺き替えで使用しなくなった鬼瓦が展示されている。

Img_9321_2

御朱印は右手の寺務所にて頂ける。

Img022

帰路近くを散策した。まずは根津神社。透かし塀から拝殿の屋根

Dscf1120

外国人観光客に人気の千本鳥居

Dscf1119

神門

Dscf1121_2 森鴎外居住跡「水月ホテル鴎外温泉」

Dscf1123

2017年5月30日 (火)

内藤新宿総鎮守 トウガラシ栽培している花園神社

参道につながっているのではと勘違いして入り込んだ繁華街には珍しい遊歩道

Dscf1092

心和ませてくれるこんな像もある

Img_9283

神社参道は見えず、飲み屋街があらわれた。これがゴールデン街なのかな。たまたま撮影クルーと遭遇した。

Dscf1095

株主である日清食品のビルが見えるところに出た。初めての土地ではよくあることだが遠回りしている。

Img_9287

やっと神社の入口を見つけた。やれやれ。

Img_9288

狛犬

Img_9292

千本鳥居

Img_9296

神輿庫

Img_9299

「花園神社は、徳川家康の江戸開府(1603)以前から新宿の総鎮守として重要な位置を占めていました。徳川氏が武蔵野国に入った1590年より前に、大和吉野山より勧請されたとされています。
花園神社は寛永年代(1624~1644)までは現在の場所より約250メートル南、今の伊勢丹デパートの付近にありました。しかし、寛政年代に朝倉筑後守という旗本がこの周辺に下屋敷を拝領したため、社地は朝倉氏の下屋敷の中に囲い込まれてしまったのです。そこで幕府に訴えたところ、現在の場所を拝領することになりました。その場所は、徳川御三家(将軍家に次いで格の高い尾張藩・紀州藩・水戸藩)筆頭の尾張藩下屋敷の庭の一部で、たくさんの花が咲き乱れていたそうです。この美しい花園の跡に移転したので花園稲荷神社と呼ばれたのが社名の由来とされています。」(花園神社ホームページより)

Img_9303

江戸時代このあたりの農家でトウガラシの栽培が盛んで一帯がトウガラシで真っ赤になっていたそうだ。

Img_9304

社務所と拝殿の間には立派なコンクリート製プランターで内藤トウガラシが栽培されていて、神職姿で水遣りもされていた。

Img_9306
御朱印

Img022_2

Img_9305

宝物殿

Img_9309

2017年5月24日 (水)

帰省 東名-新東名-伊勢湾岸-新名神-名神-阪神

大正生まれの義母をピックアップする為に妻の実家へ、前回は婿の車だったので愛車プリウスでは久しぶり。婿殿はナビの言う通りのコースとりで新東名を通らなかった。

関西出身なので、富士山が見えると無条件に嬉しくなりラッキーと思う。

Dscf1039
愛車のナビは新東名へと導いてくれた。

Dscf1050
以前はナビの地図上では海の中を進んでいた「伊勢湾岸通り」であるが、外の風景は海上だ。

Dscf1058
翌日 鶴林寺を再訪。

Img_9279
御朱印は前回「医王殿」を頂き、全部で四種あることを後でご住職に伺っていた。残りの三種。
「刀山の太子」

Img024

「聖観音」

Img023

「御詠歌」 いにしえの鶴の林に散る花の 匂いをよする高砂の風

Img023_2

2017年5月12日 (金)

乗蓮寺東京大仏

東京メトロ副都心線神宮前から乗り地下鉄赤塚駅で下車。副都心線は初体験であったが途中駅を見て知ってると便利な線だと気が付いた。

Dscf1002

20分近く知らない土地を歩くとこの道で目的地に着くのか不安になる。途中で尋ねたら真っすぐ歩くと見えてくると回答され安心した。

Dscf1008

目的地ではないが立派な寺院があり解説板を読むと曹洞宗松月院とのことだ。植栽の手入れも行き届いており参拝させてもらった。

Img_9227

当寺院は、房総に勢力を持っていた武将・千葉自胤が康正2年(1456年)に現:千葉県の市川から赤塚城に移り、その後1492年に当地にあった古寺・宝持寺を自身の菩提寺として定め、土地を寄進し、松月院と名を改めさせたのが始まりであるといわれている。

Img_9226

江戸時代には、当寺院は徳川家康に認められ、40石の朱印地が与えられた。他歴代の将軍からも保護を受け発展した。幕末には、砲術家として名高い高島秋帆が1841年に近隣の徳丸ケ原(現在の高島平付近。高島平の名は高島秋帆にちなんでいる)で西洋式の砲術訓練を行った際に本陣がこの松月院に置かれた。この訓練は当時の大名などを驚かせ、高島秋帆に大きな名声を与えたものであった。またこの松月院の名を有名なものにもした。

Img_9228
本堂の右手にある寺務所のインターフォンを押して御朱印をお願いした。

Img_9231
御朱印

Img025_2

松月院の坂を下りていくと左手に目的の乗蓮寺が見えてくる。門前には観光バスの駐車場もあり人気スポットなのだと知れる。実際に平日だが、複数のグループの他小学生が教師に引率されて行儀よく階段を上っている。

Img_9235
門の右手に「焔魔堂」

Img_9237
堂内には閻魔様と奪衣婆

Dscf1015
山門

Img_9247
山門表には金剛力士像が寺をお守りしている。 阿形像

Dscf1018
吽形像

Dscf1017
山門裏には「広目天」

Dscf1021
多聞天

Dscf1024
本堂

Img_9240
境内庭園

Img_9241

応永年間(1394年 - 1427年)に了賢無的が山中村にて人々に教えを伝えるために創建したと伝えられている。当時は孤雲山慶学院乗蓮寺と称していた。後に慶学山乗蓮寺になった。その後首都高速道路の建設と国道17号の拡幅により、昭和48年に現在の赤塚城二の丸跡に移転した。山号も赤塚山と称した。そして昭和52年、かつて東京を襲った関東大震災や東京大空襲など、悲惨な震災や戦災が再び起きないよう願いを込め当寺院の代名詞にもなっている東京大仏が建立された。国民栄誉賞も受賞した冒険家である上村直巳は1984年にマッキンリーにて消息を絶ち遺体等は発見されなかったが、彼を供養するための墓が当寺院の境内にある。

乗蓮寺の異称ともなっている「東京大仏」日本第三位の大きさとのことである。一位は奈良東大寺、二位は鎌倉高徳院

Img_9246
境内におわします「布袋さん」

Dscf1026

御朱印をお願いしたところ、住職が不在の為、予め用意したものに日付を入れてもらい頂いたもの。

Img024

«水天宮