« 秋の味覚銀杏~くるみ割りで外皮剥き~ | トップページ | 史跡巡り~秋の鎌倉 その2~出会った花たち »

2012年11月 2日 (金)

史跡巡り~秋の鎌倉 その1~円覚寺、明月院、天園・・・

史跡巡り~秋の鎌倉 その1   KAMAKURA

小田急江ノ島線藤沢で東海道線上り大船で横須賀線乗り換え
車窓から見える「大船観音」様から「気をつけて、いってらっしゃい」と
微笑まれているように感じる。

本日予定は北鎌倉駅下車、円覚寺、明月院、天園ハイキングコース、
(今泉台→勝山展望台→十王石→鷲峰山→大平山→天園)
瑞泉寺、永福寺跡→鎌倉宮→宝戒寺→東勝寺跡→鶴岡八幡宮

8時半過ぎ目的地北鎌倉駅に予定時刻通りに到着した。
既に学生や中高年のグループが待ち合わせをしている。
平日の早朝ということで思いの外空いている。

円覚寺 臨済宗 正式には
瑞鹿山大圓覚興聖禅寺(ずいろくさんだいえんがくこうしょうぜんじ)
ここ数年何回か前を素通りしている。拝観料300円。
Img_1888
円覚寺では坐禅会を実施されており、幾度となく参禅を考えたことがある。

山門の重量感ありながらこの品格はすごいとしか言い表せない。
Img_1891
楼上に観世音菩薩・羅漢が安置されている。

扁額の「円覚興聖禅寺」は伏見上皇の勅筆
Img_1889
仏殿
本尊は宝冠釈迦如来。圧倒されてしばらく呆然と立っていた。
天井画も前田青邨監修守屋タタ志による「白龍」も迫力あり。
殿内に椅子があったので座らせてもらった。
Img_1892
選仏場
仏を選び出す堂宇のことだが、元座禅道場。
鎌倉彫や陶芸など美術工芸展示中であった。
Img_1893
方丈と庭園
本来は住職の居間。現在では様々な行事に使用されている。
Img_1894
舎利殿
本日円覚寺の最大目的。
僧衣を着た御坊様が解説されているが不要だ。
説明不要の美しさである。
Img_1895

2

五代執権嫡、十三歳で 執権を補佐する連署となり、十八歳の若さで
第8代執権に就任。2度に渡る元軍の侵略攻撃には御家人以外の武士にも
出陣を要請。元の国使を処刑、派兵を計画、防塁を構築、神風の台風の
恩恵もありこの難局を乗り切った。
腹違いの兄・時輔らの対抗勢力を討ったり、幕府に批判的な日蓮を処刑
しようとしたり、専制的な面もあったが、一方禅宗に深く帰依し、文永・
弘安の役で亡くなった敵味方の霊を慰める為、この円覚寺を創建した。
時宗は33歳の若さで亡くなったがその生涯は元寇との戦いの生涯であった。
Img_1898
明月院
花の寺として有名だが、禅興寺という寺の塔頭であったが、本体の禅興寺は
明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残っている。境内には北条時頼廟、
北条時頼墓(宝篋印塔)、鎌倉十井の1つである「瓶(つるべ)の井」)、
「明月院やぐら」と称される、岩を掘りぬいた墓室(上杉憲方墓とされ
宝篋印塔を安置)などがある。
Img_1904

禅興寺の起源は鎌倉時代5代執権北条時頼まで遡る。室町幕府第3代将軍の時代には、「禅興寺」は関東十刹の一位とされた。

北条時頼公墓所碑

Img_1905

墓所

Img_1906

方丈

Img_1910

方丈内部

Img_1912

茅葺き屋根の開山堂 右側に瓶の井、左にやぐらがある。
右奥ススキのボツチ中に「ホトトギス」が咲いていた。
今回史跡巡り途上の植物は「その2」でまとめて紹介する。

Img_1914_2

やぐら

Img_1919

花想い地蔵の案内看板

Img_1920

花想い地蔵

Img_1921

竹林内に瓦

Img_1923

天園へ途中僧侶に追い抜かれた。

Img_1924

幼稚園児を引率している保母さんや園児、勝山展望台で外国人
カメラマンや散策中の老夫婦とも言葉を交わしたり、写真を
撮ったりの交流があった。

Dscf7497

険しい山道「鎌倉アルプス」は初であるが思いの外の険しさに
後々大丈夫かと心配する場所も何ヶ所もあった。こんな険しい
コースを走破している猛者と4名(内女性1名)に出会った。

Dscf7500

薬師如来座像 拝顔したらその優しいお顔に元気が出た

Img_1942

勝山嶽展望台は建長寺へのルートに少し入った場所にある。
ここからの眺望はよく、鎌倉が周囲を海と山で囲まれた
要衝の地であることが理解できる。ここで熱心に撮影していた
ラテン系外国人がおり、撮影して帰ろうとしたら、
シャッター押してくれと頼んできた。
 

台風によるものか根こそぎ倒木もあるが未処理

Dscf7504

大平山は海抜159.2m市内最高地点とある。

正に「切通し」  鎌倉の外郭山は危急存亡の時「いざ、鎌倉」と
各地から駆け付けた武士団の出入りを監視する関門となり、敵の侵入を
防ぐお城の機能も果たしていた。切通しは「化粧坂切通し」
「巨福呂坂切通し」「名越切通し」「朝比奈切通し」「亀ケ谷切通し」
「大仏坂切通し」「極楽坂切通し」の七つの他にもある。
切通しについては次回以降取り上げる予定だ。

Img_1949

明月院を出て約2時間。健脚コースと言えそうだが、幼稚園児や70代高齢者にも遭遇した。

瑞泉寺以降は「その3」へ「その2」は史跡巡りの途中観察した花達

鎌倉古道ワープの旅 その2(仮) とのタイトルでいいのか
毎月やりたいとは思っているが、体力的にどうか心配。

今月は新田義貞による鎌倉攻め目的地である「鎌倉」
鎌倉も縁の史跡が多くて何回にもなりそうだ。
無為庵から1時間位で来れるので、突然鎌倉人になるかも。

« 秋の味覚銀杏~くるみ割りで外皮剥き~ | トップページ | 史跡巡り~秋の鎌倉 その2~出会った花たち »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/47703176

この記事へのトラックバック一覧です: 史跡巡り~秋の鎌倉 その1~円覚寺、明月院、天園・・・:

« 秋の味覚銀杏~くるみ割りで外皮剥き~ | トップページ | 史跡巡り~秋の鎌倉 その2~出会った花たち »