« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

井出の沢古戦場

町田市本町田の菅原神社境内にある「井手の澤」古戦場跡石碑を確認してきた。

建武2年(1335)足利尊氏の弟直義が信濃塩田平から南下してきた北条時行の軍を
この地で迎撃し、激しく戦った場所である。これは「中先代の乱」と呼ばれている。

バス停を降りて交番の右手に鳥居があり従来からの参道で本殿までは急な階段を
のぼることになる。

1img_2214

高齢者や女性小さい子供にはきつい階段で、近年バス停傍交番の左手に
「おんな坂」参道が新たに造成されている。おんな坂はさらに直線階段と
曲線階段のふたルートがある。井出の沢石碑が目的の場合はおんな坂がよい。

2img_2213

鶴見川水系「恩田川」の低地から一段上に鎌倉古道が走り、菅原神社の本殿は
鎌倉古道から更に一段高い見晴らしの良い高台にある。

近年再建されたらしく奥の本殿に比し拝殿が新しい。境内には初詣客を迎える
準備がされている。

3img_2206

目的の古戦場石碑は本殿の左手の更に高くなった場所にある。元々外向きに
建てられていたらしく。石碑に向かうと裏面だ。境内整備される時に
石碑の向きは検討されなかったのだろうか。

5img_2209

石碑裏面に昭和30年5月とある。
6img_2211

井出の沢は鎌倉時代の謡曲集宴曲抄善光寺修行に集録されている
鎌倉古道沿いの地名をいれて謡われたもので、鎌倉由井から碓井峠手前の
群馬県松井田まで詠まれている。

宴曲抄は鎌倉極楽寺の明空という僧によって纏められたもので、
当時流行っていた歌謡の一種である宴曲の作品集で、その中に
「善光寺修行」と題し鎌倉から善光寺に参詣する道中を歌い込んだものだ。

宴曲抄善光寺修行

吹送由井の浜音たてて、しきりによする浦波を、なを顧常葉山、
かわらぬ松の緑の、千年もとをき行末、分過秋の叢、小萱刈萱露ながら、
沢辺の道を朝立て、袖打払唐衣、きつつなれにしといひし人の、
飯たうべし古も、かかりし井手の沢辺かとよ、小山田の里にきにけらし、
過ぎこし方をへだつれば、霞の関と今ぞしる、おもひきや、
我につれなき人をこひ、かく程袖をぬらすべしとは、久米河の逢瀬をたどる苦しさ、
武蔵野はかぎりもしらずはてもなし、千草の花の色々、うつろひやすき露の下に、
よはるか虫の声々、草の原のより出月の尾花が末に入までにほのかに残晨明の、
光も細き暁、尋ても見ばや堀難の出難かりし瑞籬の、久跡や是ならん、
あだながらむすぶ契の名残をも、ふかくや思入間川、あの此里にいざ又とまらば、
誰にか早敷妙の、枕ならべんとおもへども、婦にうはすのもりてしも、
おつる涙のしがらみは、げに大蔵に槻河の、流れもはやく比企野が原、
秋風はげし吹上の、稍もさびしくならぬ梨、 打渡す早瀬に駒やなづむらん、
たぎりておつる浪の荒河行過て、下にながるる見馴川、見なれぬ渡をたどるらし、
朝市の里動まで立さわぐ、是やは児玉玉鉾の、道行人に事とわん、
者の武の弓影にさはぐ雉が岡、矢竝にみゆる鏑河、今宵はさても山な越ぞ、
いざ倉賀野にととまらん、夕陽西に廻て、嵐も寒衣沢、末野を過て指出や、
豊岡かけて見わたせば、ふみとどろかす、乱橋の、しどろに違板鼻、
松井田にとまるらん。

鎌倉古道上道に面していて湧き出る豊富な清水があったため、旅人たちがここで休憩したり
干飯を食するのに都合よかったのであろう。東京都の旧跡にも指定されている。

中先代の乱は建武二年(1335)鎌倉幕府執の遺子時行は信濃の諏訪頼重らに
擁せられて挙兵、上野・武蔵を経て足利直義らを追い一時鎌倉を占拠した。
その途中、足利直義が派遣した軍を武蔵国入間郡女影原・小手指で戦い破り、
府中分倍河原で敗走させて進撃、更に直義自ら出陣してきた武蔵井出の沢に
また敗走させた。鎌倉に退却した直義は護良親王を殺して三河に逃れた。
その時京都の足利尊氏は北条時行征伐を好日に鎌倉に下り、
後醍醐天皇から離反した。

2012年12月12日 (水)

かりん酒作り

米寿のお祝いに訪れた義母家の花梨が見向きもされず
数個地面に落ちていて、木にかろうじて残っているのもわずか
義姉に尋ねたら「以前かりん酒にしたが誰も飲まなかった」との
ことで以来放されているとのことであった。

Img_2200

上写真の様に小振りであるがさっそく木に残っているものを中心に頂いてきた。
昨年はガマズミを、その前はブラックベリーを漬けた。
花梨は3年前に近所のお宅から頂いて果実酒としている。

Img_2202

喉に良いというので、作っている。ガマズミやブラックベリーは
赤い色が綺麗だ。花梨は長く置くと琥珀色になる。

まずお湯で綺麗に洗う。果皮がべとつく感じがとれる。
2~3日おいてからとのことだが、今年は1日でとりかかった
2センチ幅位にスライスし、広口瓶に氷砂糖とホワイトリカーを入れる。
今年は3瓶分を漬け込んだ。

三ヶ月程冷暗所に置いたら花梨を取り出し濾して更に冷暗所で
三ヶ月程寝かせる。現在3年ものがひと瓶残っていて琥珀色になっている。

以上が無為庵的果実酒作り方だ。

2012年12月10日 (月)

神戸へ帰省~新東名・伊勢湾岸・新名神経由~

義母の米寿のお祝いと両親の墓参を兼ねて帰省してきた。
今回は積雪が懸念される関が原を避けるために
初めて新名神を通ることにした。

結婚以来40年近くを一貫して東名-名神-阪神の各高速道路を
利用してきたが、今回東名-新東名-東名-伊勢湾岸-東名阪-
新名神-名神-阪神のルートをとった。

7日金曜日午前中に往き、帰りは9日の日曜日。
夫婦共に関西出身のため、昔から富士山が見えると
単純にハッピーになれて喜んだものだ。

今回も東京を出る時も「今日はいいお天気だから・・・」と
期待したものだ。

Photo
正面に見えてくると俄然テンションアップになる。
御殿場手前25kmの標識あたりで更に大きく見え出した。
Dscf7543
足柄SA手前20km
Dscf7545
中央道笹子トンネルの事故があり、東名への影響を懸念していたが、杞憂に終わった。
平日ということで、選定したルート全て渋滞に巻き込まれることもなく目的地に到着した。
トンネルの構造が違うらしいが気になって見ていた。天井がパッチワーク状になっている
箇所があり、部分的に修理を施していることが解った。
Dscf7546
最初の休憩を足柄SAで、愛犬連れの為ドッグランがありありがたい。
おみやげの「わさび漬け」もここで購入した。トイレが近くなっているので
早めの休憩で助かった。手洗いの水の冷たいこと更にジェットタオルの風も冷たいのが
気になった。これについては復路「御在所」「新静岡」の各SAは温水温風で快適だった。
Dscf7551
途中目に入った風車群。
Dscf7554

風力発電はもっと増えても良さそうなのにどうしたものか。
Dscf7557

初めての伊勢湾岸道。海の上というか名古屋港の上を通っている。
長島温泉の傍を通り桑名、四日市から亀山から新名神、草津で名神へ。
Dscf7560

初めてのルートで緊張したが、快適にドライブできたので、復路も全く同じルートとした。

復路の静岡辺りで風花がフロントガラスに当たり出した。

2012年12月 5日 (水)

箭幹八幡宮~推古24年(616)勧請~

町田市矢部にある「箭幹(やがら)八幡宮」へ初めてお詣りしてきた。
町田の民話伝承を見ているとよく箭幹(やがら)八幡神社が出てくる。

予定していたバスに乗れなかったり、違ったバスに乗りかけて
IC乗車券を翳してしまったり失敗続きで思いの外時間が掛かった。
鎮守の森の中にお社を垣間見れてやれやれだ。

八幡宮記」によると推古24年(616)勅令により勧請された。
社名について武蔵風土記稿は「造営の時に社殿屋上に矢幹をさしたので
矢幹八幡になった。」とし、武蔵名勝図絵は「木曽八幡と称するに至った
木曽義仲が滅亡したので、木曽を憚り、箭柄八幡に改称した。」

平安時代の中頃に源義家が東北地方で戦ったあと、都への帰り道このあたりで
病気になり、八幡宮の神にお祈りしたところ、夢に白髪の老人が現れ弓矢を
使って取り憑いていた悪鬼を追い払い快癒した。義家はこの白髪の老人は
八幡宮の神と感謝し、荒れ果てていた神社を建て直したという伝説がある。
このあたりを都と東の国々とを結ぶ道があったことを示している。

東側の鳥居
西側にひとつと南側にふたつ合計よっつの鳥居がある。
Img_2174
南の鳥居
真新しく建立したばかりに見える。
Img_2178
鳥居の左柱裏を見ると「平成二十五年九月吉日」とある。
何らかの意味があるのだろう。
Img_2177
参道
長い参道で、目測100メートル。流鏑馬も境内でやるそうだが
それはこの参道の右側だろうか。
Img_2180
随身門
神社外郭の門で、武官姿の随身像を左右に安置している門。
Img_2184
Img_2188

右の武官
Img_2190
左の武官
Img_2191
拝殿
Img_2194
Img_2195
鐘楼
神社に鐘楼とはいかに。当社は神仏混渚時代には、観世音菩薩が併桐されており、
その名残りとして、今日でも、観音像は宝物として安置、大吊鐘があるほか、
この鳥居と随身門には、卍が残されている。
Img_2198

体調も良くなり、お天気も良く、富士山の山頂も綺麗に見え楽しく巡ることができた。

バス停の「根岸」について保元・平治の乱(1156~1159)の際、源義賢と悪源太こと
源義平が図師原近辺で会戦、八幡宮の化身が現れ和睦したという。この時の
甲冑や矢の根などを埋めた所が「根岸」という。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »