« 蝋梅(ロウバイ)~佐保姫の使者か~ | トップページ | 葛飾柴又帝釈天~彫刻の寺院 »

2013年1月29日 (火)

東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)

国史跡指定 東山道武蔵路道路遺構と武蔵国分寺跡

東山道武蔵路西国分寺道路遺構と武蔵国分寺・国分尼寺跡などの
史跡と鎌倉古道上の道を見学しのてきた。1月上旬を予定していたが、
積雪や体調不良のため今日になったものだ。順延のお陰で好天に恵まれ
気持よく史跡めぐり見学ができた。

Dscf7663

大化の改新(645年)後唐の制度を導入した中央集権国家が成立した。
この支配体制を全国に及ぼすために駅制による道路(駅路)の整備が
実施された。都と地方の国府を最短で結ぶ幹線道路として
東海、東山、北陸、山陽、南海、西海の七道が整備され、約30里(16km)
おきに駅家が設置され、山陽道と西海の大宰府道は大路として20疋
東海道と東山道は中路として10疋他は5疋の駅馬が常備されていた。

古代道路、奈良時代の官道ってどの程度のものか。狭い道と思っている人が多い。
例えば道路幅は馬が走れる程度で道路網は現代高速道路網の十分の一程度と
思っている人が多い。ところが幅は判明しているもので40m、東山道は昨年秋に見学した
太平記の里ひとり旅 その1 「東山道公園(群馬県太田市)道路遺構は12m幅で、
今回の西国分寺の武蔵路も同規格である。

Dscf7659

道路網は現在高速道路が6500km位と言われているが、8世紀「七道」は
6300km位になる。その道路は国府間を最短のほぼ直線で結ばれており、
「古代ハイウェイ」と言えそうだ。興味深いことにはそれら官道の道路
遺構がほぼ現在の高速道路と重なっているのが多いことだ。

Img_2318

東山道武蔵路もそうであるが、その両側に側溝を造り、相当の雨でも冠水しないような工夫が施されている。

Img_2310

七道は駅路に沿う行政区の性格も有していて、東山道は中部地方から
関東・東北地方の山岳地帯を中心とする行政区の名称でもあった。
近江、美濃、飛騨、信濃、上野、武蔵、下野、陸奥、出羽の九カ国
が所属していた。

武蔵国に至る東山道は上野国から武蔵国へ立寄って下野国に戻る
往還路(支路)で、一般に「東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)」
と呼ばれている。埼玉県所沢市の「東の上遺跡」の調査から
650~675年頃の完成と見られている。

武蔵国へは東海道からが便利との進言によりその後宝亀二年(771)に
武蔵国は東海道へ所属替えが行われた。町田市野津田公園で発掘調査
された上野原遺跡の道路遺構も12m幅で武蔵国府の府中と相模国の国府とを
結ぶ道路遺構ではないかと言われている。鎌倉古道上の道も一部重なって
いたのではと考えている。

Img_23462

国分寺市泉町2丁目の道路遺構は幅15m、延長約400mで、歩道部分の地下0.8~1m埋没保存されている。側溝の位置と形状をアスファルト上に色を変えて忠実に表面表示されている。

Img_2319

発掘遺構を再生展示されている。

Img_23512

断面がV字型で連続ビット穴が開けられているのも野津田公園上野原道路遺構と同じで、道路造成法が確立していたようだ。下写真は町田市野津田上野原遺跡で同じ工法と確認できる。

Photo

武蔵国府近くで東山道武蔵路の東に武蔵国分寺が西側に武蔵国分尼寺があり、往時の様子を想像するのにいい気候と天気であった。

薬師堂
Img_2324

仁王門

Img_2326

国分寺 金堂跡石碑
Img_2330

国分寺跡境内の老木 何か貫禄と味のある樹木です。そばでのんびり
寝ころんで往時を偲びたい気持ちになったものです。近くで写生を
されている方がおられた。
Img_2331
第四中学のところから府中街道とJR武蔵野線を潜り武蔵国分尼寺跡へ。石碑解説板多数あり助かる。
Img_2336

国分尼寺跡に隣接し黒鐘公園がありその中に鎌倉古道が「伝鎌倉街道」として保存されていた。「伝」ながら石碑もあり車両の通行止めを平成12年から実施している。

Img_2344

市の職員なのか丁度落ち葉掻きをしておられた。

Img_2340

 

« 蝋梅(ロウバイ)~佐保姫の使者か~ | トップページ | 葛飾柴又帝釈天~彫刻の寺院 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/49054921

この記事へのトラックバック一覧です: 東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち):

« 蝋梅(ロウバイ)~佐保姫の使者か~ | トップページ | 葛飾柴又帝釈天~彫刻の寺院 »