« 早春の鎌倉散策 その1~東慶寺、浄智寺、葛原岡神社 ~ | トップページ | 府中 大国魂神社~武蔵国の総社六所宮 »

2013年2月28日 (木)

早春の鎌倉散策 その2~化粧坂、寿福寺、英勝寺、海蔵寺~

化粧坂(けわいざか)国指定史跡
鎌倉七口のひとつ。鎌倉古道 上道(かみのみち)はここに出るといわれている。
鎌倉の北西から武蔵方面に抜ける「鎌倉往還上ノ道」の出口入口に当たる。
鎌倉の交通の要衝であったことから元弘3年の新田義貞の鎌倉攻めでも
戦場となった。

切り通し 観光客の安全を考慮したのか砂が撒かれているのか、気になる。

Img_2543

大きな岩が真ん中にある。こんな所でどのように戦ったのだろうか。

Dscf7797

崩落防止金具も

Dscf7795

化粧坂を降りて海蔵寺を訪ねる予定だったが、源氏山公園の頼朝像の撮影がしたく
降りずに源氏山公園を進むことにした。

源頼朝像
開けた広い場所に立派な像で圧倒される。
芝生養生しているのがやけに目立つ。ここまでやる必要があるのか。

Img_2544

元に戻ることも考えたが、別ルートがあるのではと歩いてみたが、失敗であった。
結果はとても険しく、老人子供には無理と思われるような出口で寿福寺へ出た。

Dscf7802

寿福寺 国指定史跡
亀谷山寿福金剛禅寺。正治二年(1200)北条政子が栄西禅師を開山とし建立。
鎌倉五山の第三位。頼朝の父源義朝の館があり、源実朝、北条政子の墓と
伝わる五輪塔が二基ある。
俳人高浜虚子や作家大佛次郎のお墓もある。

外門から山門への参道 敷石や植栽など情緒ある参道。

Img_2549

暫くじっと眺めていたくなった。

Img_2548

鐘楼 中に入れず無理なアングルになってしまった。

Img_2547

英勝寺
太田道灌の子孫で、徳川家康に仕えたお梶の方(英勝院)が道灌の
屋敷跡に建てた尼寺。一緒に行くと戦に勝利したことから改名し
お勝」に。水戸徳川家の初代頼房の養母だったことから水戸家の
姫が住職を務めている。総門に三葉葵の紋を掲げ武家屋敷のような境内だった。
残念ながら本日木曜日はまさかの定休日で境内へ入れず。疲れがどっと出る。

Img_2552

太田道灌邸跡碑

Img_2553

総門 三葉葵の紋は微かに見えているが梅の花に隠れて見難いのが残念。門に開花情報あり。

Img_2554

 

海蔵寺
鎌倉時代には七堂伽藍を持つ大きな寺と伝えられている。鎌倉幕府滅亡時に
焼失し、応永元年(1394)に足利氏満の命で、上杉氏定が心昭空外を
招き再建させた。扇ガ谷上杉氏の保護を受けて栄えた。

Img_2572

底脱の井(そこぬけのい)
鎌倉十井のひとつ。中世の武将安達泰盛の娘千代能がここに水を汲みに
来た時、水桶の底がすっぽり抜けたため
「千代能がいただく桶の底が脱けて、水たまらねば月もやどらず」と
うたったことから、この名がついたと言われている。
井戸の底ではなく、心の底が抜けてわだかまりが解けて悟りが開けたという
解脱の歌とのこと。

Img_2556

福寿草 東慶寺にも咲いていて撮影したが、こちらが日当たり等環境がいいのか綺麗。

Img_2564

紅梅 茅葺屋根を背景に

Img_2565

鐘楼 高齢のアマチュアカメラマンが目立つ。

Img_2571

本堂

Img_2566

本堂と庫裏の背後にある庭園 建物は新しく見える。禅の不動心を表象している。

Img_2568

十六の井 窟の中央に石像の観音菩薩像を祀り、その下に弘法大師像を安置
径70cm、深さ4~50cm位の井戸16穴がそれぞれ清冽な水を湛えている。

Dscf7814

予定以上に歩き疲れたのでこれにて駅へ。
途中見た「結の蔵」秋田の酒蔵を蘇らせ民家として再生とある。

Dscf7818
殆ど休憩取らずに一気に回った。小町通りのその名も「小町通り」という和食屋さんで
遅目の昼食をして「鎌倉駅」から帰路へ。

次回の鎌倉史跡めぐりは稲村ヶ崎から十一人塚、極楽寺、御霊神社、長谷寺など。

« 早春の鎌倉散策 その1~東慶寺、浄智寺、葛原岡神社 ~ | トップページ | 府中 大国魂神社~武蔵国の総社六所宮 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/49750834

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の鎌倉散策 その2~化粧坂、寿福寺、英勝寺、海蔵寺~:

« 早春の鎌倉散策 その1~東慶寺、浄智寺、葛原岡神社 ~ | トップページ | 府中 大国魂神社~武蔵国の総社六所宮 »