« 葛飾柴又帝釈天~彫刻の寺院 | トップページ | 養運寺&宏善寺呉服枝垂梅2013 »

2013年2月19日 (火)

早稲田から庚申塚~初めての都電~

早稲田から巣鴨都電の旅

行ったことのない巣鴨とげ抜き地蔵に乗ったことのない都電を利用
してみることにした。都電は早稲田から出ているので久しぶりに
母校の大隈庭園大隈重信銅像など撮影してみることにした。

キャンパスに近づくと何やらピリピリした緊張感が漂い出してきた。

 今日は入試日だったのだ。構内立入禁止の看板と警備員やら腕章をした
職員係員が入口でチェックしている。

Img_2444
祖父に似ていたことから「おじいちゃん」と呼び挨拶していた大隈重信銅像の撮影は
断念せざるを得ない。大隈講堂は変わらぬ凛々しさで御座す。
講堂は受験生の付き添い父兄に開放されている。

Img_2443
大隈庭園は1月から3月は閉園だった。息子ともども卒業生である
にもかかわらず全く知らずにいた。庭園入口の案内石碑によると
4
月から12月の水曜、日曜を除き、11時から16時で雨天時は閉園も
あるとのことだ。写真は大隈庭園入口。

Dscf7730

庭園にある孔子像。横から見ても立派だ。

Img_24475
初めての都電
キャンパスからどちらの方向かは承知しているが、正確には知らないでいた。
都電早稲田。丁度着いたところで終点で下車した客が反対ホームに十名程。

Img_2449
三ノ輪橋行きに乗り込む。出発までには座席はほぼ埋まっている。

Dscf7737

出身地である神戸の市電(路面電車)は最も美しい路面電車と言われて
いたもので、改めて懐かしく思い出された。
神戸の市電路もそうであったが、自動車が同じ道路の両側を走り
真ん中を路面電車が優先的に走るというのが路面電車のイメージであるが、
都電は幾分違っている部分がありそうだ。

学習院下駅で。専用軌道で車道と分離されている。

Dscf7736
目的駅庚申塚駅。反対車線に「早稲田行き」が停まっている。

Dscf7738
巣鴨地蔵通り商店街。元中山道。「おばあちゃんの原宿」、おばあちゃんが好きそうなのが多そうだ。

Img_2452
地域文化創造館。面白そうな建物で後で調べたらカルチャーセンターみたいなのらしい。

Img_2453
名物となっているらしい「赤パンツ」屋さん。

Img_2454


高岩寺入口。
萬頂山高岩寺、曹洞宗の寺院。本尊は地蔵菩薩で秘仏(非公開)。通称とげ抜き地蔵
Img_2455
聖観音様。通称「洗い観音」タオルで洗う。摩耗激しく現在のは平成4年奉納。彫刻家八柳尚樹の作。

Img_2458
先代地蔵はタワシで洗われてツルツルに。下写真が先代なのか確認できなかった。

Img_2457

真言宗医王山真性寺、本尊は薬師如来。 聖武天皇の勅願により行基が開祖。

Img_2465

江戸六地蔵石碑

Photo
銅造地蔵菩薩坐像。都指定有形文化財。江戸六地蔵のひとつ

Img_2468
梅開花。高岩寺境内紅梅。

Img_2460

高岩寺境内の白梅

Img_2461
真性寺境内の白梅と銅像

Img_2466

 天気予報に反し、雪が降りだして寒く、予定していた「六義園」は次回にして帰路へ。
白山通りをJR巣鴨へ向かう途中の八百屋で「ずいき」を見つけたので妻への土産とした。

一昨年里芋の茎を自宅で干して、煮物にして好評、昨年は生育悪く入手できずにいたもの。

Img_2470

« 葛飾柴又帝釈天~彫刻の寺院 | トップページ | 養運寺&宏善寺呉服枝垂梅2013 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/49532614

この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田から庚申塚~初めての都電~:

« 葛飾柴又帝釈天~彫刻の寺院 | トップページ | 養運寺&宏善寺呉服枝垂梅2013 »