« ユトリロとロダンを堪能 西山美術館 | トップページ | 花散歩 »

2013年4月23日 (火)

花紀行 亀戸天神の藤2013

亀戸天神 KAMEIDO-JINJA shrine

江戸一番の藤と誉高い亀戸天神を訪ねることができた。
鷽替神事や梅などメディアに取り上げられることも多く、いつの日かお詣りしたい
と思いつつも叶わずにいたものがやっと実現したものだ。今回の日程については
当天神のホームページにリンクされている「船橋屋」の「藤開花情報」を参考に
体調とお天気を考慮して決めたものである。前日までの寒さが緩み翌日は低気圧が
東進する予報もあり、観藤日和であった。

亀戸は千葉方面へ行く時に通過するだけで、下車したのは初めてであった。
天神さまとしては湯島には何度となくお詣りしているが、亀戸は下町の天神さまの
イメージが強い。九州太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」、
「亀戸宰府天満宮」と称されておったそうな。現在の呼称は昭和11年からとのこと。

「正保三年(1646)九州太宰府天満宮の神官でありました菅原大鳥居信祐公
(道真公の末裔・亀戸天神社初代別当)は神のお告げにより、公ゆかりの
飛び梅の枝で天神像を刻み、天神信仰を広めるため社殿建立の志を持ち、諸国を
巡り江戸亀戸村では村に元々あった天神 の祠にご神像をお祀りした。
江戸の大半を焼き尽くした明暦大火の被害による復興開発事業の土地とさだめ、
天神様を篤く信仰していた四代将軍家綱公は現在の社地を寄進した。
寛文二年(1662)太宰府の社にならい、社殿、回廊、心字池、太鼓橋などを造営、
以来約350年後の今日まで東国天満宮の宗社として崇敬されてまいりました。」

0img_2931
太鼓橋男橋
大鳥居を潜ると目前に見えるのが男橋。太宰府天満宮に倣っている。
人の一生を池と橋に見立てたもの。「三世一念の理」といい男橋は過去を
平橋は現在を女橋は未来を表す。

3img_2905

3img_2904

 

1img_2899
男橋から本殿を望む 境内に藤が15棚100株という規模は感動ものだ。

5img_2911

太鼓橋女橋
男橋より一回り小さく見える。緩やかな太鼓橋。池に映る太鼓橋と藤

17img_2924

スカイツリーも境内から望める

4img_2907

満開の藤 香りも強烈

2img_2929

本殿

14img_2921

本殿東の神楽殿では正式俳諧「猫蓑会」のイベント

16dscf8222

御嶽神社
本殿東側にあるが、通り過ぎる人が多い。菅原道真公の学問の先生を祀っている。

15dscf8221
花園社
菅原道真の奥様宣来子(のぶきこ)と子供達14名がお祀りされている。
菅公左遷の折妻子とも全国各地に別々に流された。

18img_2926
弁天社
太宰府天満宮の心字池の近くには「志賀社」というお社がある。
水を守る神として寛文五年にお祀りされたものだが、当時の文人が
上野不忍池に見立てて「弁天堂」と称したことから「弁天社」と呼ばれるようになった。

7dscf8209

紅梅殿
菅公が太宰府へ旅立つ時京都の紅梅殿の庭で梅を観て詠んだ
「東風吹かば匂いおこせよ梅の花あるじなしとて春なわすれそ」
は有名。菅公を慕い飛んできたといわれるのが「飛梅」でその実生を
お祀りしたお社。

10img_2916

神牛
本殿の左にある像。参拝者が触り病を治し知恵を授かろうと鼻や膝などが
てかてかと光っている。菅公は丑年生まれで何度となく牛に危難を救われている。
ご神縁があり天神様の神使(みつかわしめ)と言われ信仰されている。

13img_2920

「筆塚」菅原道真は空海、小野道風とともに能書家と言われ「書道の神」と
仰がれていた。書道上達、学問の向上を願う人々が使い古した筆を納め
一層の上達を祈願するのが「筆塚祭り」。筆塚の前で猿回しをやっていて
残念ながら撮影はできなかった。

五歳菅公像
昭和52年道真公御神忌1075年大祭記念として奉納されたもの。
台座には5歳の時に庭の紅梅を詠んだ和歌が刻してある。
「美しや 紅の色なる 梅の花 あこが顔にも つけたくぞある」 

8img_2914
鷽の碑
昭和十五年紀元二千六百年に氏子の親睦会から奉納されたもので
鷽替神事の縁起が記されている。

9img_2915
燐寸塚
日本で初めてマッチの国産化に成功した清水誠氏の碑
本所柳原町現在の両国高校の敷地に工場があったそうな。
京葉道路に架かる江東橋の欄干はマッチの軸の形をしている。

11mg_2917

中江兆民翁の碑 劣化が激しいのか金縛りになっている。
フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介して自由民権運動の
理論的指導者で、「東洋のルソー」と呼ばれた。裏には明治四十年十二月建之、
発起人総代に板垣退助や大隈重信などの名前と多くの賛同者名あり。
この地に建てられた理由は不明のようだ。

12img_2918

琴柱灯籠
太鼓橋と平橋を渡ってすぐ左に心字池から柔らかな曲線の脚で支えられた
灯籠がある。琴の弦を支える琴柱の形に似ていることに由来する。
加賀金沢兼六園の灯籠が余りにも有名だが、亀戸のがひと回り大きい。

6img_2912

見納めの藤 満開

19img_2930
大鳥居を出て右にある「船橋屋」で八百円のくず餅を土産に帰路へ。

20dscf8228

4/20から5/6まで「藤まつり」だそうだが、保つかな?4/13から日没後ライトアップも興味をそそられたが今回は断念した。

« ユトリロとロダンを堪能 西山美術館 | トップページ | 花散歩 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/51368109

この記事へのトラックバック一覧です: 花紀行 亀戸天神の藤2013:

« ユトリロとロダンを堪能 西山美術館 | トップページ | 花散歩 »