« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月15日 (土)

花紀行 薬師池菖蒲園再訪

先週にひき続き七国山風致地区薬師池公園南東部谷戸の地形を生かした
菖蒲田を訪ねた。先週撮影できなかった種を中心に撮ってみた。
先週は特に江戸系を避けていた訳ではないが、今日は江戸系が多い。

水車小屋 嘗て鶴見川沿いに沢山活躍していたそうな。
1img_3539
水車小屋の傍に釣瓶井戸もある。

Img_3541

花殻摘み作業
1img_3543
Dscf8638

九十九髪 江戸系 花菖蒲の名前は面白いものが多い。
Img_3571

清少納言 江戸系
Img_3572
最上川 江戸系
Img_3573
翠月 江戸系
Img_3574

筑羽根 江戸系 はねつきの羽根のよう
Img_3577
小町娘 江戸系
Img_3578
花奴 江戸系
Img_3580

長生殿 江戸系
Img_3581

荒磯 江戸系
Img_3582

御所遊 江戸系
Img_3584

鎌田錦 江戸系
Img_3585

郭公鳥 江戸系
Img_3586

沢辺 肥後系
Img_3575

八咫烏 肥後系
Img_3579

花紀行 町田えびね苑紫陽花

えびね苑北口から入園 紫陽花開花時は無料
1img_3547

二回目であるが強烈な日差しと急坂に心折れそうになる。

1img_3550
係の人が整備している動力機のエンジン音がしている。

クロヒメアジサイ
1img_3557
ベニヤマアジサイ
1img_3558
カシワバアジサイ 無為庵の柏葉紫陽花は花房が重くなり地面に着きそうになっている。
1mg_3559
ヒメアマチャ
1img_3560
シチダンカ
1img_3561
クレナイアジサイ
1img_3562
スミダノハナビ 無為庵にも二株あるがいずれもすっかり大株になり丁度満開だ。
1mg_3565
キヨスミサワアジサイ
1img_3566
アルボレスケンスグランディディフローラ
1img_3567
オクタマコアジサイ 開花はこれからのようだ。
1dscf8626
コアジサイ 花芽は見当たらない。
1dscf8627

薬師池公園で撮影した斑入りガクアジサイ

1img_3537

2013年6月10日 (月)

高幡不動 高幡山明王院金剛寺

高幡山明王院金剛寺   

東京都日野市にある「高幡のお不動さん」を訪ねた。

Img_3489

多摩モノレールは二回目だ。高幡不動へは別途京王線も利用できる。

Dscf8616

草創は古文書によれば大宝年間(701―704)以前とも奈良時代行基の開基とも
伝えられる。太郎が調べたりお参りする寺院が行基による開基というのが
恐ろしく多い。平安時代初期に慈覚大師円仁が清和天皇の勅願により東関鎮護の
霊場を高幡山山上に開いたのが始まり。成田山新勝寺などとともに、関東三大不動。

参道 奥に見えているのは仁王門
Img_3491

仁王門 当初は楼門として計画されたが、途中上層部を覆う屋根が掛けられ近年までは
外観は単層であった。昭和34年解体復原修理の際、楼門として復原され銅板葺となった。
仁王尊は室町時代のものと推定されている。左右で阿吽になっている。 右
Dscf8583

左側は口を閉じている。

Dscf8584
境内図 図の左側はハイキングコースが表示されている。
Dscf8580

楼上の扁額[高幡山]は江戸時代初期の運敞僧正(号泊如)の揮毫。
Img_3494

境内側から見た仁王門
Img_3495

不動堂と五重塔
Img_3498

奥殿 不動明王像ガラス戸越しに拝見できた。
Img_3500

五重塔
Img_3499

上杉憲顕公墳
Img_3501
Dscf8586

山門
Img_3504

盤水句碑
Img_3505

金剛寺五郎権現社殿
Img_3506

大切に保存されている内部社殿

Dscf8594

大日堂
Img_3509

六地蔵 雲行きが怪しくなってきた。
Img_3511

九輪塔
Img_3521

五重塔
Img_3528

新選組副長として活躍した土方歳三の菩提寺でもある。雨のため予定を断念して帰路へ
Dscf8610

しっとり雨に包まれた境内もなかなかいいものだ。 不動堂と五重塔
Img_3531

花紀行 日野市高幡不動の紫陽花

花紀行 日野市高幡不動の紫陽花   TAKAHATA-FUDOH

高幡不動尊境内には多くの植物が植栽されている。
1img_3504

山野草の他、花木として梅25本、椿200本、山茱萸5本、辛夷20本、桜300本、もみじ1350本
そして最も多いのは紫陽花7500本170種以上とのことだ。撮影中雨が降りだして中断。

大日堂の前に咲いていた八重のドクダミ

1img_3507

残念ながら紫陽花は9種しか撮影できなかった。

みやまむらさき
1img_3512
桃花
1img_3513

獅子頭
1img_3514

黒姫
1img_3515

くれない
1img_3517

みやび十文字
1img_3518

紅てまり
1img_3519

真紅
1img_3524

美河千鳥
1img_3526

炭は植物の生育環境を整えてくれる。菌根菌は菌糸を張り巡らせて土中の
ミネラルを植物の根に供給する。酸性土壌をアルカリ性にする働きもある。
炭の多孔質は乾燥多雨両面で対応してくれる。また通気性を高め根の酸欠を
防ぎ土を柔らかくすることで植物を健全に育てることができる。
わざわざ購入せずとも間伐材や剪定木の炭化でいいのだ。

1dscf8608

今朝の体調は良かったが、気分が乗らずぎりぎりまで迷ったが、明日以降の
天気予報がいまいちとのことで頑張って出掛けたものである。結果的には
途中降雨でスケジュール遂行を断念したり、逼迫便でトイレに駆け込んだり
大変な目にあった。やはり気分が乗らない時は止めた方がいいらしい。

2013年6月 8日 (土)

花紀行 薬師池公園菖蒲園 2013年

七国山(ななくにやま)風致地区(125ha)内風致公園である薬師池公園(10ha)の花菖蒲を
観賞してきた。今年は葛飾の掘切菖蒲園を初めて訪れて、薬師池公園菖蒲園が谷戸の
自然の地形を利用した菖蒲田の良さを改めて理解できた。

Img_34702

東屋で尺八演奏をされている方が居た。早乙女の格好をした女性三名を見かけたので尋ねると、花がら摘みをするとのことだ。作業の撮影ができれば良かったのだが、残念。

Img_34723_2
ピンクフロスト 米国系
Img_3429_2
光源氏 肥後系
Img_3430
佐野の渡 江戸系
Img_3432
古希の色 江戸系
Img_3434
曙光 伊勢系
Img_3436
風花 江戸系
Img_3437
扇寿 肥後系
Img_3438
獅子王 肥後系
Img_3440
舞子の浜 肥後系
Img_3441
神路の誉 伊勢系
Img_3442
糸霞  肥後系 
Img_3444
深窓佳人 江戸系
Img_3446
栄紫 江戸系
Img_3447
連峰の雪 江戸系
Img_3452
伊勢路の春 伊勢系
Img_3458
桜下の波 肥後系
Img_3459
清鶴 肥後系
Img_3461
観桜 肥後系
Img_3463
花笠 江戸系
Img_3469
菖蒲田
Img_34551

江戸系だけでなく、肥後系伊勢系の花菖蒲も沢山観賞できた。 機会があれば明治神宮の菖蒲園、小岩菖蒲園も見学したいものである。

花紀行 七国(ななくに)山風致地区

町田市七国山風致地区(125ha)内風致公園である薬師池公園

ニワフジ
園芸用として庭に植栽したことに由来。 本来は川原に生えている。
Img_3473

ムシトリナデシコ 別名ハエトリクサ、コマチソウ。 
Img_3474

キリンソウ
Img_3477
ムサシアブミ
テンナンショウ、マムシグサに似ていて同定は難しい。
左右大きさが同じぐらいの3小葉と先端が巻き込む仏炎苞など,ほかの種類にはない特徴がある。

Img_3478
ナミキソウ
Img_3479
睡蓮
Img_3483
コウホネ
Img_3485
アサザ
Img_3486
ホタルブクロ
案内した人が七国山のホタルブクロは白いというので驚かれたことがある。
白っぽいのが多い。
Img_3481

紫色もあります。
Img_3488

2013年6月 6日 (木)

花紀行 堀切菖蒲園 2013年6月6日

花菖蒲の季節。今年は初めて「堀切」に行くことにした。

花菖蒲は江戸系、肥後系、伊勢系に分けられるが「堀切菖蒲園」は江戸系を中心に
約200種6000株が栽培されている。

武蔵国葛飾郡に属した堀切村は明治維新後、小菅県を経て東京府に属し、1878年の
郡区町村編制法により南葛飾郡の所属となった。1889年5月1日の町村制施行に際して
周辺各村と合併して南綾瀬村の大わかり字となる。南綾瀬村は1928年2月1日に町制を施行して
南綾瀬町となり、1932年10月1日に東京市に編入されて葛飾区の一部となった。

昭和初期までは東京近郊の農村地帯であり、堀切園をはじめとする菖蒲園が集まり
著名な行楽地であった。しかし、東京市に編入される頃から都市化が進行し、環境の
悪化から堀切園以外の菖蒲園は太平洋戦争期までには廃園となった。

外敵侵入防止のため集落の周囲に開削された溝の一種が堀切と呼ばれ、地名となった。

日暮里からの京成線に乗り換えを予定していたが、小田急に乗り入れている東京メトロ
千代田線「町屋」で京成線乗り換えの方法もあると成田行きに使用している「日暮里」を
やめて初の「町屋」経由でいくことにした。

Img_3381
千代田線「町屋」駅で下車地上に出ると正面に京成線町屋駅と左に都電「町屋駅前」駅が
見える。駅前環境美化は恐らくVolunteerのご苦労でやっているのだろう。薔薇が綺麗に咲いている。

Img_3382
「掘切菖蒲園駅」まさに菖蒲園の為の駅、開花期間中臨時駅ではない。改札口を出ると
正面に矢印付き案内板が嬉しい。

Dscf8509
初めての土地で徒歩15分の距離もあり不安であったが、幟旗、提灯で不安解消してくれる。

Img_3384
菖蒲園までの歩道が広くとってあり、道案内するようなタイルもあるので迷いようがない。

Img_3391
更に進むとルートの両側には紫陽花など咲いていて花好きの歩みを止めている。

Img_3393
あっという間に菖蒲園の入口が見えてきた。手前には広島焼きやたこ焼きなどの出店も。

Img_3394
既に老若男女大勢の入園者で溢れている。ざっと一周りしてこれはという花を撮影することにする。近くの保育園や車椅子の障害者方も楽しまれている。奥のマンション住民が羨ましい。

Img_3408
松野自得の句碑が目にとまる。

Img_3395
羽根扇 江戸系
Img_3397
紅姫 肥後系 

Img_3398
新紫鳳殿 肥後系 
Img_3399
玉宝連 江戸系
Img_3400
万里の響 江戸系
Img_3401
夜明け前 江戸系
Img_3404
時雨西行 江戸系
Img_3406
小笹川 江戸系
Img_3409
無双 江戸系
Img_3410
秀紫 江戸系
Img_3413
煙夕空 江戸系
Img_3416
剣の舞 江戸系
Img_3417
鳳凰冠 江戸系
Img_3418
帰路ルート変えたが案内がしっかりしていて無事駅に到着できた。途中あったタイル案内。
Img_3424
駅途上の民家に咲いていた「デュランタ」
Img_3426
掘切菖蒲園は江戸系中心だったので、肥後系、伊勢系を他で撮影してみたくなった。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »