« 七国山でブルーベリー狩り&植物観察 | トップページ | 金井の獅子舞~市無形文化財芸第1号指定50周年 »

2013年8月26日 (月)

崇神7年(紀元前91年)創建武蔵御嶽神社~おいぬ様詣

武蔵御嶽神社~おいぬ様詣  MITAKE-JINJA shrine

犬と自分どちらが長生きできるかと飼い始めた愛犬は今年11月で15歳。飼い始め頃
一緒に走り回り遊んだ近所のワンちゃんの殆んどは今や亡くなり長老犬である。

二年前の夏食事ができなくなり一週間点滴で過ごすこととなり、家族も死を
覚悟をしたものだが、その後、足特に後ろ足が覚束ないものの何とか元気に過ごし
てきた。ところがこの夏水を飲んでも戻し、食事もとれなくなって病院で点滴。

今月は高尾山薬王院参拝を予定していたが、急遽御嶽神社大口真神社
愛犬が苦しまず寿命を生き切れますように祈願してくることにした。

澤乃井酒蔵豆腐懐石料理は家族で車で訪れており、直近では犬も連れてきて
川合玉堂美術館を訪れ、渓流沿いを散策し水遊びもしたものだ。今回は犬と老妻は
自宅で留守番。JR御嶽駅からバスでケーブル下、滝本駅からケーブルカーで御嶽山駅へ。

下写真はJR「御嶽駅」

Dscf8759

平日にも拘わらず夏休みのために家族連れで混んでいた。犬連れが多いと思っていたが
予想外に少ない。御嶽駅でのバスは乗りきれず急遽同時刻増便は有りがたかった。

御嶽神社は東京都青梅市にある神社。武蔵御岳山の山上に鎮座する。
櫛真智命などを祀る。中世以降、山岳信仰の霊場として発展した。
紀元前680年創建といわれる鹿島神社香取神社には敵わないが、
崇神天皇7年(紀元前91年)の創建とされている。

天平8年(736年)に行基蔵王権現を勧請したといわれる。文暦元年(1234年)
に大中臣国兼が荒廃していた社殿を再興し、以降は修験場として知られ、
関東の幕府や武士から多くの武具が奉納される。慶長10年(1605年)には
大久保長安を普請奉行として本社が、元禄13年(1700年)には弊殿と拝殿が
建立された。 

Dscf8760
登戸で南武線に立川で青梅線に、拝島で青梅行きに、青梅で奥多摩行きに乗り換え、
御嶽で西東京バスでケーブル下まで、バス停からケーブルの駅まで結構な勾配だ。

Dscf8763
ケーブル片道だけならSUICA可能だが、往復割引は享受できないので並んで
往復1090円切符を購入。御岳登山鉄道「滝本駅」標高407m。

Dscf8764

最大25度平均斜度22度は関東一とのこと。
途中眼下には参道があり徒歩で参拝する健脚が杉や檜の間から見えた。

Dscf8766

中間点

Dscf8767

約6分間で頂上駅標高830mに到着。展望台やお店に回る人が多かったが、それらには
見向きもせず左側の御嶽神社参道へ向かった。「御岳山」駅から徒歩25分で神社とのこと

Dscf8771

永劫に、御岳の宝、邯鄲の声』矢野稔 多摩動物園昆虫館初代館長の歌碑
邯鄲(カンタン)はよい声で鳴く秋の虫。ここ御岳は邯鄲の声が聞ける希少な場所で、
この声を聞くための会が開催される程。故事邯鄲の夢や枕は承知だが虫は・・・。

Dscf8772

途中レンゲショウマ開花の案内幟旗が沢山立っているがなかなかお目にかからない。
丸い玉の蕾で8月に咲く紫陽花「タマアジサイ(玉紫陽花)」が目立つ。

Img_3871

立ち寄ってみようと思っていた「御嶽ビジターセンター」は月曜日定休日で残念。

Img_3823

独特の御師(おし)住宅や宿坊38軒約160人が暮らしておられるそうな。

Img_3826
Img_3827

更に奥へ行くと「シュウカイドウ(秋海棠)」が品よく沢山咲いている。

Img_3835

トリカブト(鳥兜)」も参道沿いに咲いていたが、群生していないためか
頂上の御嶽神社を目指すのに余裕がないのか立ち止まって愛でる参拝者が少ない。

Img_3829

黄色い花キンポウゲの仲間か花弁の先がギザギザ、改めて写真を見ると花弁4枚
七国山風致地区薬師池で観察した「クサノオウ」か?だとケシ科。

Img_3833

参道から見上げた「神代ケヤキ(欅)」が貫禄、推定樹齢1000年、樹高約23m

Img_3837

急坂を登り少し足にきたので土産物屋さん兼食堂で小休止。神代欅を正面に見える席に。

Img_3838

神代ケヤキを見ながら山菜そばを頂いた。

Img_3840

神代欅の根本には珍しい「キレンゲショウマ」も。「どうぞ写真撮って下さい」と
紹介している。東側の窓は全開されていて、風がここちよい。埼玉大宮のビル群、
茨城の筑波山も望めるとか。本日は残念ながらみえません。

Img_3842

土産店8軒や宿坊25軒など商店街を抜けるともう目的の武蔵御嶽神社
左側手水には犬用柄杓も用意されている。階段右手にもレンゲショウマが咲いていた。

Img_3843

階段の上は「随身門」 町田市矢部の箭幹(やがら)八幡宮にも随身門がある。

Img_3845

随身とは平安時代以降、貴族の外出時に警護のために随従した近衛府の
官人のこと。日本の神道において、神を守る者として安置される随身姿の
像のことも「随身」といい「随神」とも書かれる。門守神(かどもりのかみ)、
看督長(かどのおさ)、矢大神・左大神とも言う。
Dscf8777

仁王門の仁王像を想定していた老夫婦が随身像に驚いていた。
Dscf8778

参道の両側に各地の信仰団体の「御嶽講(こう)」の石碑

Img_3868

更に真新しい階段を苦しみながら登って行くと右手に宝物殿

Img_3846

赤糸縅大鎧など国宝二点、他重要文化財が展示されている。

Img_3848

宝物殿の前に畠山重忠の像 国宝の大鎧を奉納した武者の騎馬像
北村西望の作で昭和56年に建立された。鎌倉幕府創業の功臣
武勇の誉れ高く、その清廉潔白な人柄で「坂東武士の鑑」と讃えられた。
良識的、模範的な人間として『吾妻鏡』『源平盛衰記』『義経記』では、
模範的な武士として描かれ、流布本の『曽我物語』では曾我兄弟を讒言から
救う恩人として登場する。国分寺市の「恋ヶ窪」という地名の由来にもたしか
登場している。男性からも敬われ女性にももてるかっこいい益荒男だったんだね。

Img_3847

もう一頑張り階段を上ると立派朱色の社殿。拝殿は五間社入母屋造、朱塗りで鮮やかに
彩られており、唐破風の向拝には彫刻がある。御岳山山頂929m。

Img_3851

拝殿前の狛犬

Img_3849

左狛犬の奥は社務所

Img_3850

本殿
Img_3853

玉垣内には二柱社、八柱社、北野社、巨福社、神明社等
八百万の神様をお祀りしているようだ。

一番奥が最大目的の大口真神社(おおくちまがみしゃ)
大口真神を祭る。御嶽神社の眷属である狼を祀っている。

Img_3859

日本武尊の難を救ったとされる大口真神は『おいぬさま』
「おいぬ」から「老いぬ」で不老長寿の神とも

Img_3860
Img_3861

常盤堅盤神社(ときわかきわ しゃ)(東京都指定有形文化財) 左手奥が大口真神社

Img_3857

本社玉垣内本殿の向かって右奥。一間社流造で漆黒に塗られ荘厳な装飾が
施されており、美しく何をお祀りしているのか否が応でも関心をもってしまう。
諸国一宮祭神で旧本殿とある。成る程と納得。

このお社の右に「レンゲショウマ」の小群落があり丁度咲いていた。

Img_3855

レンゲショウマ(蓮華升麻)は日本特産、キンポウゲ科。下向きの花で撮影は大変。

Img_3854

花が蓮に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)
の名が付けられたとの由来。下向きの花は恥じらう乙女のようで愛おしくなる。

更に「ノコンギク」も鮮やかな紫色が美しい。

Img_3858

私も紅い花ですと自己主張したという「ワレモコウ(吾亦紅)」も

Img_3866

ツルニンジンのような釣鐘型の空色の花「ソバナ」も珍しい

Img_3865

ホトトギス」注目されず人知れず咲いていた。

Img_3856

ここから南西の山奥徒歩40分のところに日本武尊を祀る奥之院がある。
体力と帰りの時間を考えて今回は割愛することにした。

社務所にて御神符と犬形代を購入。形代(かたしろ)での祈祷法を神主さんに伺い
自宅で形代で犬をさすり、それを社務所に郵送すればお祓い祈祷して頂けるとのことだ。

帰りのケーブルカーとバスは子供会の団体とぶつかり牛々詰め。
電車は余裕で座れたが疲労で眠りそうになる。

弱気になっていた時、姉たちから父の享年までは頑張れと言われていた歳になった。
今日は誕生日だ。家族兄弟ほか活動のお仲間みんなには迷惑を掛けている。
我儘を通してくれたおかげでこの日を迎えることができたように思える。
一時のことを思うと考えられないことで、ただ只管感謝しかない。(合掌)

« 七国山でブルーベリー狩り&植物観察 | トップページ | 金井の獅子舞~市無形文化財芸第1号指定50周年 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/53051999

この記事へのトラックバック一覧です: 崇神7年(紀元前91年)創建武蔵御嶽神社~おいぬ様詣:

« 七国山でブルーベリー狩り&植物観察 | トップページ | 金井の獅子舞~市無形文化財芸第1号指定50周年 »