« 信州の鎌倉・塩田平ひとり旅~その1 常楽寺安楽寺北向観音 | トップページ | 信州の鎌倉・塩田平ひとり旅~その3 塩田平鎌倉古道古刹巡り »

2013年9月18日 (水)

信州の鎌倉・塩田平ひとり旅~その2 清少納言も「枕草子」に取り上げている別所温泉

~その2 別所温泉に宿泊

日本三大湯のひとつ別所温泉ヤマトタケルノミコトの発見と伝えられていて、
平安時代の清少納言が「枕草子の中で

 「湯は七久里の湯、有馬の湯、 玉造の湯・・・」
として三大温泉の筆頭に挙げている。七久里が別所温泉のことである。

     七久里(ななくり)の湯 長野県上田市
     有馬(ありま)の湯   兵庫県神戸市
     玉造(たまつくり)の湯 島根県松江市

2img_3973

「七久里橋」「ななくり(七苦離)地蔵」、「足湯ななくり」など
今でも七久里の名を伝えられている。

2dscf8834

2dscf8832

常楽寺、安楽寺、と北向観世音を昼食挟まず回り、お腹がすいたと言うより
疲労感を強く感じたので、北向観世音そばの「足湯ななくり」でひと休み。

遅目の昼食は蕎麦屋でビールと松茸蕎麦を頂き、二ヶ月以上前にネットで
ひとり旅歓迎の宿」というキャッチコピーに乗り予約した「上松屋旅館」へ
「旅館中松屋」と並んでいる。

2img_3952

男ひとり旅 ちょっとリッチな男の休日プラン」を予約
上田駅周辺のビジネスホテルから電車やバスで来ることもできるが
温泉、食事、部屋の大きさ等から別所温泉とした。ちょっとリッチと
謳っているが、部屋食でウェルカム抹茶、露天風呂で缶ビール350ml、
20分マッサージ、日本酒「男は黙ってひとり酒」1本、別注メニューから
1品、モーニングコーヒーなど特典つき。

2dscf8836

   食事おしながきとしては
食前酒 ヴィランジュドゥベッショ 地元産ワイン
先付  南瓜豆腐
前菜  季節前菜五点盛 麻和紙焼き他
造り  信州サーモン
凌ぎ  信州蕎麦
煮物  鴨治部煮
焼物  銀鱈味噌焼 (上撮影後に焼きたてを届けてくれた)
温物  信州産黒毛和牛陶板焼
蒸物  白身魚吹寄せ 帆立餡掛け(後で)
酢の物 信州スモーク 焼ききのこ雲丹添え
上腕  信州味噌仕立て
食事  塩田産こしひかり
香の物 野沢菜 大根浅漬
甘味  アップルスノー (最後に届いた)
特典別注 馬刺しと日本酒男は黙ってひとり酒

別注メニューは信州旅行ではしばしば頂いている「馬刺し」をお願いした。
久しぶりで美味しく堪能した。

2dscf8837

好物の馬刺しが一番美味しく頂いた。
食事は上写真のものに焼き物蒸し物など温かいもの
数点が後でテーブルに乗った。概ね美味しく頂いたが老齢の身には
ボリュームとしてはやや多く、お造りご飯味噌汁など残してしまった。

お風呂は別棟屋上にあり、正面に北向観音を望める「見晴らしの湯」

やはり露天が良い。男女を夜中3時頃チェンジし、片方に檜だがつぼ湯もある。
弱アルカリ単純硫黄泉の源泉掛け流し24時間利用できる。

2dscf8850

壺湯のほか寝湯も。

2dscf8848

マッサージは流石に20分では物足りないのもで追加分施術者に直接支払い
翌日塩田平鎌倉街道上の道始点をしっかり歩けるよう合計60分掛け全身を
ほぐしてもらった。脹脛が攣りやすいので、これで安心して今宵はよく眠れそうだ。

部屋に飾ってある絵画。「野倉の夫婦道祖神」を描いたものらしい。

 2dscf884

翌朝 窓からの眺め。正面は外湯のひとつ「石湯」。湯川の流れが激しく聞こえる。

2dscf8843

外湯のひとつ「石湯」 真田幸村隠しの湯  

2img_3951

「外湯めぐり」の案内があったが元気なく断念。真田の隠し湯「石湯」のほか、
木曾義仲と北条氏にゆかりの「大湯」、円仁慈覚大師が好んだ「大師油」は、
それぞれ150円で入れる。足湯として「ななくり」や「薬師湯」がありこれらは無料。

2img_3954

湯かけ地蔵
信心深い寿蔵が佐渡に流刑された日蓮上人を慕い佐渡に行き、そこの沼地を通り掛かると
泥まみれの地蔵尊が「信濃の湯につかりたい」と訴えた。寿蔵は驚き沼から取り上げて、
急ぎ別所の湯に入れた。寿蔵はその後美しい妻を娶り幸せに暮らしたとさ。

2img_3967

旅館のお風呂はは昨夜4回、今朝は2回入り温泉三昧を堪能できた。
朝食は4階大広間で、和食が準備されていた。小鉢ならぬ小皿が9皿のほか
小鉢3枚。白飯味噌汁はおかわり自由で、温泉卵、海苔、塩鮭、蒸し野菜ほか
バイキング方式。塩田産こしひかりの御飯は美味しかったが、やはりボリューム
多く小皿類は半分以上残してしまった。

宿のチェツクアウトではエキストラチャージの発生はなく、当初から約束の
入湯税150円のみ支払いをし、ロビーで特典のひとつであるモーニングコーヒーを
頂き9時前には宿を出て塩田平散策古刹巡りへスタートした。

« 信州の鎌倉・塩田平ひとり旅~その1 常楽寺安楽寺北向観音 | トップページ | 信州の鎌倉・塩田平ひとり旅~その3 塩田平鎌倉古道古刹巡り »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/53323206

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の鎌倉・塩田平ひとり旅~その2 清少納言も「枕草子」に取り上げている別所温泉:

« 信州の鎌倉・塩田平ひとり旅~その1 常楽寺安楽寺北向観音 | トップページ | 信州の鎌倉・塩田平ひとり旅~その3 塩田平鎌倉古道古刹巡り »