« 九品仏 九品山唯在念佛院浄真寺 | トップページ | 原木栽培椎茸~巨大椎茸と芽切り直後の可愛い椎茸 »

2013年10月31日 (木)

天台宗別格本山浮岳山深大寺

深大寺

深大寺は、東京都調布市深大寺元町にある天台宗別格本山の仏教寺院である。
都内古刹のひとつであり、だるま市蕎麦神代植物公園などでつとに有名。
近年では2010年NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の舞台となった為観光スポットと
なってしまった。混雑している場所に行くのが苦手で「東京スカイツリー」も
近くに見える所までは行くが上ってはいない。深大寺も人気の沈静化を待ち
行こうと思っていたもので、自分と老妻の体調とお天気回復を待ち今回やっと実現した。

アクセスはJR中央線の吉祥寺三鷹駅、京王線では調布つつじヶ丘駅から
バスが出ている。無為庵からは調布駅が便利で、同駅から深大寺まで約2キロ位で
体調良ければ歩ける距離ではあるが、今回はバスを利用することにした。

「深大寺」の名称は、仏法を求めて天竺を旅した中国僧玄奘三蔵を守護したと
される神「深沙大王」(じんじゃだいおう)に由来するそうである。 天平5年
(733年)満功上人が法相宗の寺院として開創されたが、859年天台宗に改宗。

京王線調布駅が地下化後何度か乗り換えしているが、降りたのは初めてで、
改めて地下化を確認できた。北口前13番小田急と14番京王バスが利用できる。

Dscf9072
深大寺入口から歩いて7分との案内。車窓右手に濃い緑の杜が広がっていて
それと知れる。門前町とはほど遠いが、歩いていると落ち着いた雰囲気の
蕎麦屋さんが見え出して如何にも深大寺らしい。路傍に吉祥草の花。幸先いいぞ。

Img_4222
程なく「水車館」の水車が猛烈な勢いで回転している。
いつもより水量が多いのだろうか。水車を撮影して解説板を読んでいたら
管理人さんと思われる方から「(水車館の)中もご覧ください」と勧められた。

Img_4226
更に進むと左手に新しく立派な堂宇。その右手に白く大きな像で龍と虎。
お堂の中は大黒天と恵比寿尊だ。

Img_4228
深沙大王堂の案内石碑。

Img_4227
深大寺の名前の由来となっている深沙大王をお祀りしている「深沙大王堂

Img_4231
境内の石碑 意味も解らず余りにも立派だったので撮っていた。

Img_4233
掲げられている扁額はそのまんま「深沙大王」。

Img_4235
深大寺通り」に戻り観光案内所で調布市観光協会作成「深大寺散策マップ」を頂く。

Img155 観光案内所前に観光用蕎麦畑がある。丁度の白い花が咲いている。

Img_4238
参道

Img_4240

参道左にある「鬼太郎」が目玉おやじと木の上から迎えてくれた。

Img_4241
鬼太郎茶屋

Img_4243
福満橋を渡り

Img_4306
正面に山門

Img_4245
山門の扁額「浮岳山

Img_4248
山門 薬王門
元禄8年(1695)に普請の建物で、慶応元年の火災から免れ、境内最古の建物

境内から見た山門。少し趣が変わって見える。

Img_4255
鐘楼
山門から境内に入ると、右手に立派な鐘楼が建っている。
鐘楼好きにはどうしても目が行ってしまう。この鐘楼も慶応の大火で焼け落ち、
明治3年(1870)に再建されたものである。今月九品仏浄真寺の流麗な鐘楼に
感嘆したばかりで比較してしまうが、屋根の重厚感に圧倒される。

深大寺の梵鐘は永和2年(1376)に鋳造されたもので、都内では三番目に古く
国の重要文化財に指定されていて、現在は釈迦堂に安置されている。
現在の梵鐘は平成13年に鋳造されたものである。毎日、朝・昼・夕方の三回
撞かれている。

Img_4251
鐘楼の更に奥左手にある茅葺き屋根の「旧庫裏」。中に台所用品の他農機具らしきものも。

Img_4252
一対の石灯籠の先に常香楼と奥に本堂

Img_4256
常香楼
山門をくぐると、正面に、慶応の大火を免れた常香楼が見える。
天保4年(1833)に建立。

Img_4257
北側(本堂側)に大火の痕が残っている。

Img_4258
四本の柱は根本が補修されている。

Img_4259
ムクロジ
本堂側向かって右手前にムクロジの大木。別名をセッケンノキという。
実にサポニンを含み、その界面活性作用で泡立つ。またサポニンは魚にとっては
毒となるので、昔は水に流して魚を捕っていたものだ。
果皮を剥くと、中から種子が現れ、黒い堅くて光沢もあり、羽根突きの
羽根の玉や、数珠玉としても利用されている。

本堂
深大寺の本堂は慶応元年(1865)の大火で焼失した。再建は大正時代になって
からである。唐破風の屋根や彫り物に重厚さを感じさせる建物である。
本堂の内部は荘厳に飾られ、須弥壇上には本尊の宝冠阿弥陀如来が安置されて
いる。これは恵心僧都源信の作と伝えられている。

Img_4260
本堂の扉にその扉いっぱいにメタル製「」とその木の真ん中に丸に「植」の字
これはどういう意味があるのだろうか。よく見ると燭台になっている。事前予習になかった
もので、改めて調べたら植木屋さんが寄進されたそうだ。

Img_4262
本堂に掲げられている扁額

Img_4261

本堂左右に「天水華座(てんすいけざ)」四基
雨水受け。寺紋である桜を模し、住職揮毫による中央に「佛、日、増、輝」の文字と
五枚の花弁の文字を組み合せると有難い仏教語となる。水は生命の根源で天からの恵みの
雨を受けるものとして、当山に相応しいものと説明されている。奥は孔雀垣前に松盆栽。

Img_4266

右端の天水華座 中央に「佛」、花弁に「道」、「智」、「眼」、「空」、「妙」と読める。
左には「増」と「福、運、和、修、善」。「輝」に「宗、峯、岳、雪、興」とある。

Img_4265

元三大師堂(がんさんだいしどう)
本堂の横にある五大尊池の前を左に進むと、に行き着く。
丁度読経のお務め中で、信者の方も手を合わせて唱和されている。

Img_4269
元三大師堂は、延暦寺第十八代座主の慈恵大師良源(りょうげん)(922 - 985)が
自ら刻んだ像を祭る建物である。慈恵大師は、天台宗の中興の祖であるが、
正月三日に入寂したため元三大師とも呼ばれている。古くから如意輪観音の
化身として疫病厄除、悪魔調伏の力を持っと信じられ、その肖像が多く作られた。

 サイト内リンク⇒徳川家菩提寺東叡山寛永寺 輪王寺

Img_4270
元三大師像は、普通は左手に独鈷を持ち、両手で数珠をまさぐる姿の等身大の
像である。深大寺の元三大師像は座像で高さ196.8cmとかなり大きい。
『仮名縁起』には正暦二年(991)に恵心僧都源信の弟子の寛印法師が
元三大師自刻の像を深大寺に移座したと記されている。しかし、この像は
作風から見て鎌倉末期から南北朝の作と言われている。

元三大師像は秘仏で25年に一度の御開帳の行事の時以外は一般に公開されない。
次は大遠忌で2034年である。

元三大師堂は慶応の大火後、翌々年の慶応3年に再建されている。
祀られている元三大師が深大寺の信仰の中心だったからである。
この大師堂の天井には、徳川末期から明治初期に活躍した絵師の河鍋暁斎
竜の飛翔図を描いている。

右に社務所がありそこで御朱印を頂いた。若い女性による流れるような達筆だ。

Img154_2

左前にはおびんずる様が毎日信者から撫でられてつるつるになって御座る。

Img_4279

なんじゃもんじゃの木
は通称「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれている木であると説明してある。
和名はキンモクセイ科のヒトツバタゴ、英語名をスノーフラワーだそうだ。
「なんじゃもんじゃ」については何か分からない木について全国各地で
呼ばれている。ハルニレ、イヌザクラ、ボダイジュ、クスノキ、アブラチャン
タブノキほか樹種もまちまちである。因みに無為庵の近く寺のハルニレが
ナンジャモンジャと呼ばれている。

元三大師堂の左に開山堂参詣道の案内

Img_4271
開山堂
元三大師堂の裏山に、昭和58年(1983)の開創1250年大法会記念事業と
して建立されたもの。上り詰めた先に奈良時代様式の堂宇が立っている。

Img_4277
扁額

Img_4273
格子をはめ込んだ前面のガラス扉から内部を拝観できる。珍しく照明装置あり
内部を覗いてみると、中央に本尊の薬師如来三尊(薬師如来、脇侍に弥勒菩薩、
千手観音)を安置し、その左右に開基の満功上人、天台宗一祖の恵亮和尚の
尊像が祀られている。

薬師如来三尊

Dscf9081
満功上人像

Dscf9080
恵亮和尚像

Dscf9082
釈迦堂
開山堂から参詣道の石段を戻ってくると、その先に釈迦堂がある。
ここには関東地方で最古の釈迦如来倚像が安置されている。
国の重要文化財に指定されているこの像は、明治42年(1909)に元三大師堂の
壇下から見つかった。重要文化財の旧梵鐘が納められている。

Img_4282
釈迦如来倚像
大型の金銅仏で、大きさは全高83.9㎝、坐高59.3㎝。
有名な白凰仏、ガラス越しに拝観させて頂いた。

Img_4304
深大寺が法相宗の寺だったころの本尊だったとする伝承もあるが、
出所の良く国分寺崖線の斜面に抱かれるように建てられている。付近は豊かな
湧水が出て今でも武蔵野の面影を色濃く残している。隣接する神代植物公園
かっては深大寺の寺領だった。

Img_4299

不動堂

Img_4293

五弁の山茶花。山茶花は園芸品種多く「明行空」「肥後桜」とか同定難しい。

Img_4298

動物霊園がありペットの火葬サービスなどの資料を配布していたので貰ってきた。

Img_4302

釈迦堂の前に建立されている扇塚

Img_4284

境内には句碑歌碑が沢山ありが、よく撮れたものを二点アップする。

井澤正江 句碑
  そのひ万の 空者まぼろし 辛夷咲く
Img_4288
清水比庵 歌碑
  門前の蕎麦はうましと 誰もいふ この環境の みほとけありがたや

Img_4291

そば種は8世紀頃原産地である北方大陸から朝鮮半島を経由して我が国に
伝わり、武蔵野台地を開拓していた高句麗からの渡来人によって栽培され
広がったとされている。江戸時代、深大寺の北の台地も米作には向かず、
小作人はそばを作り、米の代わりにそば粉を深大寺の納めていた。
深大寺ではそれでそばを打って来客をもてなしたのが深大寺そばの始まりと
されている。

元禄年間、上野寛永寺の公弁法親王に深大寺の寺坊で作ったそば切りを
献上したところ、親王は大いに賞賛された。そして、そばの風味や香りを
殊の外喜ばれて、将軍家や諸大名に広く推奨したため、深大寺そばの名声が
高まったとされている。現在、深大寺そば組合に加盟している店は26軒あり、
寺院の参道や境内近くでそれぞれ大きな店を構えている。

山門左前の蕎麦屋に入り弁財天池と泳いでる鯉を眺めながら天ざるを頂いた。
店前のおもしろ像

Img_4305

隣接する東京都立神代植物公園は486,536㎡と広大で元々深大寺領であった。
今回は割愛するが春のシーズンには訪ねたいものだ。

帰路は参道前が発着場所になっていて、出発間際の京王バスを利用した。

« 九品仏 九品山唯在念佛院浄真寺 | トップページ | 原木栽培椎茸~巨大椎茸と芽切り直後の可愛い椎茸 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/53790742

この記事へのトラックバック一覧です: 天台宗別格本山浮岳山深大寺:

« 九品仏 九品山唯在念佛院浄真寺 | トップページ | 原木栽培椎茸~巨大椎茸と芽切り直後の可愛い椎茸 »