« 川崎大師金剛山金乗院平間寺 2014年如月 | トップページ | 木の芽起しの雨が「芽切り」 庭の椎茸 »

2014年2月26日 (水)

梅花歴乱 湯島天満宮 2014

 ♪湯島通れば思い出す♪
湯島天神は息子が小学3年頃だったろうか下の娘も伴い家族4人でお参りしたものだ。
また春日通り沿いにある明治の文豪達も愛したという老舗料理屋「江知勝」は接待で
初めて来て以来その佇まい雰囲気がすっかり気に入りプライベートでも屡々利用している。
今回リタイア後久しぶりの参拝でもあり、後周りをぶらり散策したいものだ。

千代田線「湯島駅」からスタート。春日通りに面してまずは「車祓所
Dscf9174
車祓所の右は湯島天神入り口4つのひとつ「夫婦坂」。

Dscf9126

石段の右には雪洞が置かれているが、夜間のライトアップをイメージするとちょっと艶かしい。

Dscf9128
夫婦坂を上って右側は天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る摂社「戸隠神社」、左には
末社「笹塚稲荷神社」が祀られている。天之手力雄命は天照大御神が天岩戸に隠れ給うた時
岩戸を開き大神の手を取りお出し申した神様である。剛勇の徳を讃えられ開運守護の神と崇敬されている。

Dscf9129
湯島天神の御祭神は上記戸隠神社の天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)と菅原道真公
江戸時代から「湯島天満宮」「湯島天神」と呼ばれていて、明治維新から平成12年までの正式名称は
「湯島神社」であったそうだが、平成12年に正式名称を「湯島天満宮」に改められている。
「湯島天神」は通称名である。

銅鳥居 参道正面にある鳥居。寛文七年(1667)建立。鋳造製鳥居で東京都文化財指定。
Dscf9139
都重宝」こんな言い方していたのか。
Dscf9142_2

東京人以外でも湯島天神は東京の神社仏閣として馴染みのある数少ない寺院のひとつであろう。
泉鏡花の小説『婦系図』が「婦系図 湯島の白梅」として映画、演劇、また小畑実による歌謡曲も
大ヒットし巷に流れていたからだろうと思われる。

湯島天神は学問の神様として若者にも知られている。受験シーズンには多数の受験生が合格祈願
訪れている。息子の中学受験時にも参拝し絵馬を奉納したものだ。

古くから神様の乗り物として馬が神聖視され、お祭りや祈願のときに神馬といって
生きた馬を奉納する風習があり、その代わりとして、板に馬を描き奉納するようになったのが
「絵馬」の始まりと言われている。シーズンとあって境内数カ所に膨大な絵馬が奉納されている。
Dscf9133

湯島天神は雄略天皇二年(458)勅命により創建と伝えられている。
天之手力雄命を奉斎したのがはじまりだが、正平十年(1355)郷民が菅公の御偉徳を慕い、
文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉祀したとある。

Dscf9143
狛犬 台座も素敵なのであるが次回の機会に撮影することした。

Dscf9145

将軍徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよび、この地を久しく文教の中心
していよいよ湯島天満宮を崇敬したものである。
Dscf9147
元禄十六年(1703)の火災で全焼したが、翌年宝永元年(1704)将軍綱吉公は金五百両を
寄進して再建。近年では明治十八年に改築された社殿も老朽化が進み、平成七年十二月
後世に残る総檜造りで造営された。本殿(下写真)と拝殿(上写真)が幣殿で結ばれている
権現造り」で再建。純木造のため近代的な防災設備を整え関係機関の審議を経て
特別に許可されたものである。用材は樹齢250年といわれる木曽檜

Dscf9132
本殿と社務所をつなぐ渡り廊下

Dscf9148
道真公は天穂日命の末、野見宿禰を祖とし、御父は菅原是善公、御母伴氏は
神代以来の名門大伴家の出である。承和十二年(845)御誕生になり、五才の時、
庭前の梅花を見て和歌を詠じるなど秀才ぶり発揮、三十三才で文章博士となり、
四十二才の時讃岐守として四国に赴任、農耕・畜産に尽力された。その政治力を
認められて宇多天皇の信任を得重用されて、位階も昇進の一途をたどり、
醍醐天皇にも道真公はいよいよ信任あつく、昌泰二年(899)、左大臣藤原時平
並んで右大臣兼右近衛大将に任ぜられ(御歳五十五歳)、ついで同四年正月には
従二位に叙せられるに至りました。しかし、時平の中傷によって太宰権帥
左遷された。配所にて没す。

道真公はたいへん詩文に長じており。御著の詩文集に「菅家文草」「菅家後集」が
あるほか、「三代実録」「類聚国史」「新撰万葉集」などの編著にもあたった。
世に「菅公」・「菅丞相」とも呼ばれ、「学問の神さま」とも呼ばれている。

天神さまは五歳の時、梅の花を見て

 うつくしや 紅の色なる 梅の花 あこが顔にも つけたくぞある

と和歌をよまれている。藤観賞に訪れた亀戸天神に「五歳菅公像」があり上記歌も刻んである。

太宰府に行かれる時、自宅の紅梅殿でよまれたという次の歌は学校でも習ったものだ。

 東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

上記名歌の中の梅の木が道真公を慕って一夜のうちに太宰府に飛来したと伝えられる
飛梅伝説など 道真公と梅にまつわる話が多く残っている。下写真は裏門扉の神紋。

Dscf9149
加賀の前田侯は大の菅公ファンで家系を菅原姓に結びつけ家紋を梅鉢とし特に
加賀梅鉢と呼ばれています。当神社の神紋も加賀梅鉢となっている。神紋の隣らは親子牛に梅。

Dscf9150
天神信仰の中でも、天神さまと牛とは切っても切れないものがある。当神社の境内には嘉永二年
(1849)石造りの臥牛と平成二年製の銅造りの牛ががある。頭と足を撫でさせてもらった。

Dscf9144
道真公は承和十二年六月二十五日乙丑の年に、ご生誕になり、延喜三年二月二十五日の
丑の日に薨ぜられ、また「菅家聖廟略伝」には、菅公自ら遺言をされ、「自分の遺骸を牛にのせて
人にひかせずに、その牛の行くところにとどめよ」とあり、その牛は、黙々と東に歩いて
安楽寺四堂のほとりで動かなくなり、そこを御墓所と定めた、と書かれている。

Dscf9138
拝殿にて参拝後、社務所にて御朱印を頂いた。書いてもらう間、梅園の梅を観賞。

Img177

社務所 手前社務所で左は「参集殿」

Dscf9158

宝物館 神楽殿と併設して平成11年開館された。銅鳥居側から撮影。

Dscf9140 一階には壮麗なる本社神輿など展示されている。

地階では「絵馬」横山大観、「白梅」安田靫彦、「早春」奥村土牛、「紅白梅」前田青邨
「おぼろ月」竹内栖鳳、「江戸名所」広重、「梅」伊東深水などじっくり鑑賞できた。

Img178
西側の鳥居 石造
Dscf9153

鳥居の左に駐車場 二階建て

Dscf9154
裏門 入って右が「梅園」左手に「参集殿」「社務所」と続いている。

Dscf9151
王貞治「努力碑」授与所の左側

Dscf9134_2

梅まつりに奉納された梅鉢

Dscf9135
男坂 下から撮影した方が雰囲気が伝わったかもしれない。
Dscf9136
女坂

Dscf9137
巨大な菅公一千年祭碑 明治三五年建立。明治三筆のひとり日下部鳴鶴の隷書。
三筆とは、日本の書道史上の能書のうちで最もすぐれた3人の並称であり、
平安時代初期の空海・橘逸勢・嵯峨天皇はあまりにも有名であるが次の三筆もある。
 寛永の三筆(本阿弥光悦・近衛信尹・松花堂昭乗)
 黄檗の三筆(隠元隆琦・木庵性瑫・即非如一)
 幕末の三筆(市河米庵・貫名菘翁・巻菱湖)
 明治の三筆(日下部鳴鶴・中林梧竹・巌谷一六)

Dscf9157
泉鏡花筆塚 
里見弴久保田万太郎らが集り「鏡花生前愛用の筆墨を瘞(うずめ)の石を建てて之を表す」と記されている。

Dscf9155_2

湯島天神の境内には5基のガス燈あった。明治40年に発表した「婦系図」で主人公の
早瀬主税が、結婚者のお蔦に別れを告げるシーンがこの湯島天神の境内でした。
昭和17年長谷川一夫山田五十鈴で映画化され。その主題歌「湯島の白梅」の
2番の歌詞「青いガス燈 境内を出れば本郷 切通し」と歌われている。
ガス燈は昭和40年頃にすべて撤去されたが、昭和56年に1基のみ復活された。

Dscf9160

新派創立九〇周年を記念した「新派碑 川口松太郎氏揮毫。

Dscf9161_2

いろいろな人達と訪れた懐かしい老舗「江知勝」

Dscf9167
江知勝玄関アプローチ 牛鍋を囲み歓談した知人や友の顔が浮かんでくる。

Dscf9165
旧司法研修所。現在は合同庁舎になっているんだ。

Dscf9172

石川啄木歌碑 本郷三丁目交差点の床屋に間借りしており朝日新聞勤務時にこの坂を通っていた。
 

 二晩おきに 夜の一時頃に切通の坂を上りしも 勤めなればかな

Dscf9170
切通坂解説板

Dscf9173

湯島商店街による「梅まつり」幟
 Dscf9168

美術商「羽黒洞」のギャラリー「天神下はぐろ洞」。何ともあやしげな魅力を放っている。

Dscf9176
一眼レフはバッテリー切れの為本日はコンデジのみで撮影している。

« 川崎大師金剛山金乗院平間寺 2014年如月 | トップページ | 木の芽起しの雨が「芽切り」 庭の椎茸 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/55157296

この記事へのトラックバック一覧です: 梅花歴乱 湯島天満宮 2014:

« 川崎大師金剛山金乗院平間寺 2014年如月 | トップページ | 木の芽起しの雨が「芽切り」 庭の椎茸 »