« 花紀行小岩菖蒲園2014 | トップページ | 生田神社~神戸の地名の由来となった神社 »

2014年7月 3日 (木)

鎌倉五山稲荷山浄妙広利禅寺~喜泉庵で抹茶、ガーデンテラスで昼食

神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派の仏教寺院。
山号は稲荷山(とうかさん)。詳名は稲荷山浄妙広利禅寺という。
本尊は釈迦如来。開基は足利義兼、開山は退耕行勇。
鎌倉五山の第五位。鎌倉三十三観音第9番。

Img_5593

鎌倉五山とは中国の五山制度にならって鎌倉の禅寺に設けられた五大官寺
第一位建長寺第二位円覚寺第三位壽福寺第四位浄智寺、第五位浄妙寺

Img_5591

Img_5594

鎌倉は三ヶ月毎に訪れている。六月の予定であったが葬儀が入り今回に順延したものである。JR鎌倉駅からスタート。滑川沿いの六浦道(金沢街道)を杉本寺を過ぎての花の橋の先左側駐車場を左へ曲がると正面に山門が見える。昨年夏報国寺と杉本寺は参詣している。
 サイト内リンク⇒報国寺・杉本寺(史跡めぐり猛暑の鎌倉南東部)

山門を潜り左の社務所で拝観料百円を納める。御朱印もここで受付けてくれる。
本堂への両側は庭となっていてる。春の芽出しから紅い色の園芸種ノムラモミジか
いいアクセントになっている。

Img_5601
本堂へ真直ぐの参道  境内は国の史跡に指定されている(1966年11月2日指定)。
境内は梅、つばき、ぼたん、サルスベリ、いちょう、紅葉などの名所として知られる。

Img_5599

ハンゲショウの白が眩しい

Img_5598

鎌倉五山の第五位の寺院として、かつては広大な寺地を有し、23箇院の塔頭を有していた。
現在でも付近一帯の地名を「浄明寺」といい、その名残を残している。下は配布資料「稲荷山浄妙寺ー略記ー」にある境内略図で山門から本堂の間に複数の堂宇が建っていたことが解る。

Photo
足利義兼による文治4年(1188年)の創建と伝えられる。初めは極楽寺という真言宗の
寺院であったが、建長寺開山蘭渓道隆の弟子、月峯了然(げっぽうりょうねん)が
住職となってから禅刹に改め、ついで寺名も足利貞氏の法名をとって浄妙寺と称した。
寺名を改称したのは正嘉年間(1257~1259年頃)とみられる

参道左に花塚

Img_5602

花塚の前に猫ちゃん、気持ちよさそうに昼寝していたのを邪魔したのかな。

Img_5603
本堂 - 寄棟造、銅板葺(もと茅葺)。平面は方丈形式の六間取りとする。
江戸時代中期の建物だが、仏壇周辺などには室町時代の材が用いられている。

Img_5605
鎌倉札所第九番の扁額。深川木場の材木商が寄贈したらしい。

Img_5608
本堂中に別の扁額「方丈」とある

Img_5606

本堂の右は庫裏

Img_5645

本堂左手にある喜泉庵 - 天正年間(1573 - 1591年)に建立された茶室喜泉庵を復興したもの。
枯山水庭園があり、有料で茶菓が供される。

Img_5609
Img_5610

抹茶と干菓子をお願いした。
Img_5612

外国のお客様を含む2グループ5人の先客があったが、静かに庭を鑑賞できた。
Img_5613

杉苔と白砂を効果的に配した枯山水。
Img_5615

宝篋印塔 - 本堂裏の墓地に足利貞氏の墓と伝える明徳三年(1392年)銘の宝篋印塔がある。
基台の銘文により、罪障消滅・後生善根を願う逆修塔とされる。

Img_5618
稲荷山 - 寺の裏山で、藤原鎌足が子孫のために「霊鎌」を埋めた地とされ、これが「鎌倉」の地名由来となったという伝承がある。複数ある「鎌倉」の地名由来伝承の一つである。鎌足稲荷神社の小祠がある。

境内の高台に、90年近い歴史を刻んだ洋館を改装して、石窯で焼くパンを提供するカフェ&レストランとして2000年5月にオープンした。

Img_5620

途中鮮やかな黄色のカンナが迎えてくれる 
Img_5621

境内にこんな洋館があろうとは驚きである。

Img_5628

ショップ

Img_5629

ショップ前の花壇に咲くルドベキア

Img_5626

ガーデンテラスでは、イングリッシュガーデンに咲く四季の花を眺めながら
食事・お茶を頂ける。客席からは、ガラス張りのパン工房を見ることができる

unknown1Img_5627unknown

unknown2

Img_5632

unknown3

Img_5637unknown

イングリッシュガーデン

Img_5634

イングリッシュガーデンで一際背高でめだっているアーティーチョーク

Img_5635
Img_5638

日時計もあり、ちゃんと合っている。

Img_5636

unknown4 日時計の右に咲いていた紅い花 

Img_5641unknown

イングリッシュガーデン散策路とベンチImg_5643

鴨肉、鎌倉野菜、人参のスープ、石窯焼きたてパン4種、最後にコーヒーを美味しく頂きました。
今までの鎌倉史跡めぐりは慌ただしく歩きまわっていたが、今回御茶しながら食事もゆっくりと
楽しむことができた。これからも年齢相応で体調と相談しながら楽しんでいければと希望している。

帰りにお願いしていた御朱印を頂き帰路へ。

Img199

« 花紀行小岩菖蒲園2014 | トップページ | 生田神社~神戸の地名の由来となった神社 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/56693258

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉五山稲荷山浄妙広利禅寺~喜泉庵で抹茶、ガーデンテラスで昼食:

« 花紀行小岩菖蒲園2014 | トップページ | 生田神社~神戸の地名の由来となった神社 »