« 日本一の無縁寺 両国回向院 | トップページ | 旧安田庭園~潮入回遊庭園 »

2014年7月23日 (水)

都指定旧跡吉良邸跡~本所松坂町公園 

回向院参拝の後、元禄時代事件当時は回向院に隣接していたという吉良邸跡を訪ねることにした。

現在の地図で見ると回向院の東隣のブロックとなる。

Img_5754

回向院から京葉道路を東へガスステーションを右へ曲がり、歩いていると案内表示と
幟旗があるので有難い。ふたつ目を左へ、通りの左手になまこ壁に囲まれた「吉良邸跡」が見えてくる。予想以上に低い塀で、民家に挟まれた狭いスペースではある。

Img_5755

公園前の石碑

Img_5756

解説板

Img_5757 墨田区両国3丁目13番9号 97.56㎡(29.5坪)とある。さもありなん狭さである。
昭和9年地元の有志の方方が旧邸宅跡の一画を購入して寄付したことに始まるそうで、
狭いなど言ったら罰があたる。

元禄時代の当時は付近の一帯が吉良義央の邸宅であり、その広さは約8400平方メートル(2550坪)と
推算されている。邸宅は、赤穂浪士による討ち入りの後は江戸幕府に没収され、その後住宅などが
立ち並び、往時の吉良邸を偲ばせるものはなにもなかったが、昭和9年(1934)に地元の有志らが
旧邸内の「吉良の首洗い井戸」を中心に土地を購入して東京市に寄贈し、翌昭和10年(1935)に
公園として開かれたのが始まりである。昭和25年(1950年)に墨田区へ移管された。

毎年12月14日赤穂四十七士と吉良二十士両家の供養を行う義士祭には多数の出店などがあり、全国から多くの観光客も来て賑わう。

赤穂浪士事件の史跡としては高輪の泉岳寺がある。サイト内リンク⇒赤穂義士廟所泉岳寺

松坂稲荷
この地にもともとあった上野稲荷と、徳川家がやってきた後に祀られた兼春稲荷を合祀して
1935(昭和10)年にこの地に建てられたもの。

Img_5758

吉良上野介追慕の石碑

Img_5760
吉良邸跡解説板

Img_5761
みしるし洗い井戸 赤穂浪士が打ち落とした吉良の首を洗った

Img_5763

吉良上野介義央公座像
公園内には吉良上野介の像が鎮座している。これは、愛知県吉良町にある1690年頃に50歳の上野介自身が作らせた木像を元に作製されている。

Img_5764

Img_5766

飯澄稲荷
 吉良邸の門から見て右手の方に、小さな神社があった。飯澄稲荷神社とある。

 

Img_5767  
邸宅跡の左隣り佃煮屋さん 江戸時代の調味料である「煎り酒販売中」の表示に思わずシャッター押した。

Img_5768

« 日本一の無縁寺 両国回向院 | トップページ | 旧安田庭園~潮入回遊庭園 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/56913349

この記事へのトラックバック一覧です: 都指定旧跡吉良邸跡~本所松坂町公園 :

« 日本一の無縁寺 両国回向院 | トップページ | 旧安田庭園~潮入回遊庭園 »