« 境内に芋畑?目黒不動尊~天台宗泰叡山瀧泉寺 | トップページ | 旧芝離宮恩賜庭園~秀逸石組に感嘆江戸初期大名庭園回遊式泉水庭園 »

2015年5月27日 (水)

野津田公園散策~華厳院坂・上ノ原・ばら広場

急遽思い立ち野津田公園へ出掛けて見た。午後は老犬の介護なので午前中いっぱいの予定で朝食後NHKBSで連ドラを見終わったら5分で準備して7時50分に出掛けた。ボランティア活動時に通っていた道路を久しぶりに歩いたが、並木のマロニエが一回り大きく立派になっているのを見て何やら感銘を受けた。

自宅から野津田公園までは約5kmで片道徒歩約1時間位、途中気になるものがあったり、写真撮りたくなる花が咲いていたりするとプラス10分との予定である。薬師池公園北のガスステーションを左折して鶴見川に架かる「参道橋」を渡り「鶴見川プロムナード」を「丸山橋」まで上流へ進み、そこを右へ曲がると野津田公園である。因みに左に曲がると「七国山緑地保全地域」の森など「七国山風致地区」である。芝溝街道の信号を渡ると、数年前からできている公園への歩道と車道は真言宗「華厳院」の墓地利用者の駐車場へのアプローチだそうである。

歩道の左手の旧家「河井家」敷地からは大量の板碑が発掘されている。その河井家の敷地内歩道脇に「鎌倉古道」の石碑が建てられている。

Img_7132

鎌倉古道上道の石碑は府中市黒鐘公園で「伝鎌倉古道」があるが、町田市内では初であろう。鎌倉古道・歴史遺産の会の皆様の努力が結実したもので心から讃えたいと思う。

ケンポナシの古老樹二本 「保存樹木」のプレートは枝葉が茂り見えなくなっている。
この老木はどのような歴史の移り変わりを眺めてきたのだろう。

Img_7134

ケンポナシ(玄圃梨)は、クロウメモドキ科ケンポナシ属の落葉高木。
初夏に小型の白い花が集散花序になって咲き、秋に直径数ミリの果実が熟す。同時にその根元の枝が同じくらいの太さにふくらんで、梨のように甘くなり食べられる。これは民間では二日酔いに効くともいわれる。見かけは枝つき干し葡萄のようなので、英語では"Japanese raisin tree"という。葉や樹皮を煎じて茶のように飲むこともある。葉に含まれる配糖体 ホズルシンには甘味を感じなくさせる性質がある。

ケンポナシ抽出物にはアルコール臭の抑制効果があるという報告もあり、ケンポナシ抽出物はチューイングガムなどに利用される。昔の日本ではテンボノナシと呼び、肥前ではケンポコナシと呼んでいたが、シーボルトは、計無保乃梨(ケンポノナシ)とした。転訛して、ケンポナシとなった。右の老木には大きな洞ができていて、壮凄な歴史、生き様を潜めているようにも見える。

Img_7135

華厳院坂は鎌倉古道の痕跡を残していると言われていた。立派な案内板が建てられている。

Img_7137

荒れ果てた竹藪は見通せるように整備されている。これも「鎌倉古道・歴史遺産の会」の皆様がボランティアでなさっているようだ。

Img_7139
上りきった場所にも表示板

Img_7189

無事だったか「上ノ原」
嘗てサッカー観戦者の為の駐車場にする案が浮上し、歴史愛好家や自然保護の観点などから市当局へ撤回を訴えていたもので、以前の状態のままで安心した。ここ野津田の丘は中世軍事駐屯地、狼煙場、馬飼育の牧場などあり、鎌倉街道だけでなく古代東海道など古街道が集まっている場所と言われている。

Img_7187

木洩れ日のある森を抜けると畑があり小麦が黄色くなっている。収獲も間もなくか「麦秋」

Img_7142

、陸上競技場の東を通りぬけ、ばら広場へ。

Img_7144

無料で入園でき、約380種の薔薇を堪能できるのはバラ愛好家にはたまらないことであろう。ところがここも「テニスコート」にする案が浮上しているとのことで、残念なことである。運動公園化したいとのことであろが、テニスコートは既に存在している。

Img_7149
以前は上写真奥に養鶏場があり、風向きでは耐えられない臭いがしたものであるが、現在は規模を縮小したそうである。古くから養鶏を営んでおられたのに、後からできたバラ園入場者の為に撤退するという不条理をなんとおもわれたろうか。

左端から右回りに回るとしよう。ハマナスなどバラの原種に近いものもシンプルと美しく好きである。同じく「カクテル」も横浜時代には庭にアーチにして楽しんだものだ。続いて蔓バラ系も花弁が小さく可憐なのが多い。

「バレリーナ」は近所のお宅でも見かける。 CL 1937 英

Img_7151
「モーツアルト」 O 1937 独

Img_7152
「セビリアーナ」の情熱的真紅 F 1978 仏 

Img_7154
「ブルーボーイ」 F 2000 蘭

Img_7155
「シエースタ」もよく見かける 

Img_7156
「ウィーメロ」 艶かしい S 1996 仏 丸弁盃咲き 半つる

Img_7157
「伊豆の踊子」 FL 2001 仏 黄 半剣弁咲きかせロゼットへ変化 強香

Img_7160
「シャルランドフランス」

Img_7161
「アンダルシアン」 スペイン系の名前らしく情熱的な赤 FL 1997 独 丸弁平咲

Img_7162
「フリージア」 懐かしい FL 1977 独 純黄 八重咲 フロリバンダ系では珍しい芳香種

Img_7163
「ピカソ」 FL 1971 英 半八重平咲

Img_7164
「アンネフランクの思い出」別名「アンネの形見」 FL 1960 ベルギー 朱がかった橙色 半八重 

Img_7165
「ウルメールムンスタ」 CL 1981 独 暗赤色

Img_7166
「可憐」 FL 1995 日本 淡いサーモンピンク 一重咲き

Img_7167
「エスカベート」 FL 1967 英 丸弁半八重

Img_7168
「熱情」 HT 1993 日本 剣弁高芯咲き

Img_7171

「香具山」 HT 1975 日本 白桃 アイボリー 剣弁高芯咲き

Img_7172
「マリンブルー」 HT 1994 日本 濃桃 剣弁高芯咲き 

Img_7173
「ハイジ」

Img_7174
「リリー・マルレーン」 FL 1959 独 優雅 濃赤 直立性 丸弁カップ咲き

Img_7178
「ドリーパットン」 HT 1984 米 華やかな朱赤 剣弁高芯咲き 強香

Img_7180
「マリア・カラス」 HT 1965 仏 蛍光色系ローズ・ピンク 半剣弁高芯咲き

Img_7182

二年ぶりの野津田公園であった。華厳院坂の石碑や鎌倉古道表示板設置は嬉しく感銘を受けた。ばら広場は時期的に遅かったのかオールドローズの一部は無残な状態ではあったが、他は十分堪能できた。入園料なしでボランティアでの管理運営に敬服だ。

ここ半年間、坐骨神経痛に悩まされている。整形外科を受診しても痛み止めと湿布薬を処方されるだけだ。鍼灸で痛みが無くなったと言う人もいるが、大きなリスクがあり荒治療ではあるが、自宅トレーニングルームの独製マシーン「トレッドミル」を利用して時速4kmに設定してスロージョギングをほぼ毎日実行している。体調良ければ午前中1時間と午後1時間トレーニングしている。

トレーニングを始めると右脚がパンパンに張って痛みが出てくるが、我慢して続ける。耐えられない時は10分程度で休憩を挟む。毎日実施していると確実に脚の筋肉が付き当初は体重が増えていったが、やがて体重も減りだした。偶に外出すると歩いているときはそれ程でもないが、帰宅後痛みが出る。就寝中に痙攣する時もあり、そうなりそうなときには内科で処方してもらっている「芍薬甘草湯」を水なしでも飲む。

本日往復2時間10km強約14000歩を歩いたが、痛みを認識することが無かった。荒治療が効きはじめたのだろうか。このまま痛みが治まらなければ、近くに開業始めた鍼灸医へ行こうかと考えだしていたが、もう暫くトレーニングを続けてみようと思う。

« 境内に芋畑?目黒不動尊~天台宗泰叡山瀧泉寺 | トップページ | 旧芝離宮恩賜庭園~秀逸石組に感嘆江戸初期大名庭園回遊式泉水庭園 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/60203189

この記事へのトラックバック一覧です: 野津田公園散策~華厳院坂・上ノ原・ばら広場:

« 境内に芋畑?目黒不動尊~天台宗泰叡山瀧泉寺 | トップページ | 旧芝離宮恩賜庭園~秀逸石組に感嘆江戸初期大名庭園回遊式泉水庭園 »