« 旧芝離宮恩賜庭園~秀逸石組に感嘆江戸初期大名庭園回遊式泉水庭園 | トップページ | 夏野菜収獲 »

2015年6月 6日 (土)

初夏の無為庵 ~ イロハモミジに鳥巣、トマトほか夏野菜、紫陽花

東京郊外にある我が家の狭い庭であるが手入れも全てひとりで楽しみとしてやっている。当初は季節の花が中心であったが、最近では野菜栽培の作る楽しさ、家族で食べられる喜びがわかり、年々菜園の面積が増えてきている。隣近所では植木の剪定・消毒などは庭師などにお願いしているようだが、我が家では自己流ではあるが楽しんでいる。

二十有余年楽しみでやってきた植木の剪定であるが、しかしながら最近では加齢とともにやや辛いものになってきている。以前は二三日もあれば庭の植木、道路側や隣家境界の生け垣など全て処理できていたが、今年は十日程も掛かってしまった。

その中で、庭のイロハモミジが高くなり過ぎて、剪定作業もやりにくくなったので、鋸でひとつの幹を短く切り落とした。すると鳥の巣がついていた。最近ムクドリが頻繁にやってくると思っていたら、高さ2メートル半程の高さに営巣していたのだ。巣をよく見ると二層になっている。昨年造った後に今年新たに樹の枝や中にはビニール紐まで混じっている。雛は居ず、巣立った後なのか、これからなのか、切断後頻りに鳴いたり近くにとまり首を傾げる表情をしていて、何と罪なことをしたもんだ。ムクドリ夫婦さんゴメンナサイ。

Img_7190

菜園は夏野菜に挑戦中である。ミニトマト「アイコ」は一段目が既に赤みを帯びてきています。

Img_7279
今年は六段で止める予定だが、既に六段目が開花している。横棒までの高さは145cm

Img_72946
イエローアイコ

Img_7282
サントリー開発種「シュガーミニ」は初栽培

Img_7287
「大玉」も初 こちらはデルモンテ 大きく育てるために摘果している。

Img_7281
「中玉」もデルモンテ

Img_7284

夏野菜定番の「茄子」は一番果は撮影後直ぐに収穫した。

Img_7273
ピーマンは既に一番果を早々にもぎり済。

Img_72762
昨年は蔓なしだったが今年は蔓ありの「インゲン」

Img_7301
ひとつ蕾が見え始めた。

Img_7288
昨年豊作だった「オクラ」は今年は丸莢タイプで、40株ほど出芽している

Img_7286
初の「モロヘイア」は必要以上に沢山撒きすぎたようだ。

Img_7289
ゴーヤはグリーンカーテンで毎年大活躍だが、今年はまだ2株しか発芽していない。ちょっと心配

Img_7293
春菊は既に何度か収獲済。あのくせのある苦味がたまらなく好きである。

Img_7315
九条ネギもやや播き過ぎかも知れない。どこに定植するか悩ましいところだ。

Img_7317
紫陽花「墨田の花火」が今年も綺麗です。

Img_7309
Img_7308
昨年果実酒にした「ブラックマベリー」の花

Img_7312

以上初夏の無為庵便り。

« 旧芝離宮恩賜庭園~秀逸石組に感嘆江戸初期大名庭園回遊式泉水庭園 | トップページ | 夏野菜収獲 »

園芸・家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/60272051

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の無為庵 ~ イロハモミジに鳥巣、トマトほか夏野菜、紫陽花:

« 旧芝離宮恩賜庭園~秀逸石組に感嘆江戸初期大名庭園回遊式泉水庭園 | トップページ | 夏野菜収獲 »