« 江戸の風香る佃島ひとり歩き | トップページ | 2015諸島無為庵菜園模様 »

2015年11月24日 (火)

にこたまの地下霊場~寶泉山玉眞院 通称玉川大師

二子玉川は高島屋オープン後メディアに取り上げられることが多くなった。嘗て等々力渓谷や九品仏浄真寺へ行くのに大井町線乗り換えで駅周辺を見ていて東側の大規模開発は何ができるのか気になっていた場所である。今年8月楽天が品川から引越したこともあり益々ホットプレイスになりそうだ。

そんな二子玉川にある玉川大師を訪ねることにした。TV情報番組で地下霊場を紹介していて興味を唆られたからである。

二子玉川地名の由来はかつてこの近辺に多摩川の「二子の渡し」があり、多摩川をはさみ川崎側の「二子村」と世田谷側の「玉川村」に由来する説は納得である。

Dscf9688jpg

さて登戸、溝の口で乗り継いで二子玉川駅からスタート、西口から高島屋の北を左折し、二つ目信号「二子玉川小学校入口」を右折、二子玉川小学校を右に見て進むと「NTT瀬田前」信号がある。

Dscf9687jpg

信号の先が丸子川が横切っている。その川に掛かる橋は「治大夫橋」。

Dscf9684jpg

橋を渡った右手に解説板が建っている。この道は「大山道
大山は雨乞いに霊験のある山として雨降山(あふりやま)とも呼ばれ、昔から農民たちの山岳信仰の対象とされてきた。そこにある大山阿夫利神社は、農民から五穀豊穣や雨乞いの神として信仰され、日照りや飢饉が続くと、多くの農民達が参詣に訪れた。道中の参詣者は、白の行衣、雨具、菅笠、白地の手っ甲、脚絆、着茣蓙という出で立ちで腰に鈴をつけ、「六根清浄」の掛念仏を唱えながら、5 - 6人、多い時には20 - 30人が一団となって、7 - 9月を中心に大山へと向かった。

Dscf9683jpg

次大夫堀(じだゆうぼり) 慶長年間、家康が主に下流の六郷地方の米の増収を図るため、代官 小泉次大夫吉次に命じて切り開いた灌漑用用水で、世田谷地方の人々は「次大夫堀」と呼んでいた。

Dscf9686jpg

治太夫橋を渡り次の角を右折すると左手に寺院らしき建物が見えてくる。

Img_7988jpg

両親閣東京別院は、日蓮聖人の両親の廟所を護持する小湊妙蓮寺両親閣の東京別院 昭和6年当地に堂宇を創建、昭和25年宗教法人敬親玉川教会(別称両親閣東京別院)と改称。目的の玉川大師はお隣らしい。間違って入る人が多いらしい。親切な案内がでている。

Img_7990jpg

玉眞院(ぎょくしんいん)は、真言宗智山派の寺院。玉川大師は通称名

Img_7991jpg

創建は大正時代で、龍海大和尚により大師堂が、その後6年の歳月をかけて、昭和9年(1934年)に竜海阿闍梨が地下仏殿を建立した。

Img_7992jpg

地下仏殿は地下5メートルの深さの場所に、長さ100メートルにも及ぶ総鉄筋コンクリート造りの拝殿である。国内有数の地下霊場である。拝殿で拝み、左手上に掲げられている解説を読み、本堂へ。右手に売店もあり、寺の人に地下仏殿お詣りする旨を伝え、御朱印をお願いした。初めての参拝ということで記帳後燈明料百円を納め、首から掛けていたカメラを預け、スリッパを履き地下仏殿への階段へ。

Img_7997jpg

地下仏殿は最初真っ暗で、手探り状態で目を慣らしながら南無遍照金剛と唱えゆっくりと進む。仏の胎内をかたどっており、胎内には石仏が約300体ある。これらの石仏を拝むと四国八十八ヶ所西国三十三ヶ所を巡ったのと同じご利益がある。大山阿夫利神社で御神水が湧く半地下を巡ったことがあるが、本格的地下で百メートルもの距離を巡ったのは初めてである。

御朱印

Img253jpg


御朱印に貼って戴いた武蔵国玉川大師遍照金剛殿秘仏 

Img254

本堂前左にある長寿の銅鑼

Img_7999jpg

弘法大師像は高さ2メートル20センチ、重さ約2トンの御影石。

Img_8003jpg
歌碑 玉川の 秘仏の大悲身にうけて 大師とともに生きるよるこび

Img_8005jpg
駅に戻り 東側の近代的なビル群を仰ぎ見る。楽天クリムゾンハウス

Img_8007jpg
竣工2015年、30階建延床面積157016.25㎡、建築主二子玉川東第二地区市街地再開発組合、施工鹿島建設、、2階から27階の全オフィスフロアを楽天が賃借、2015年8月から新本社「楽天クリムゾンハウス」として機能する。

勤務人数は約1万人、オフィス内には三食無料のカフェテリアやリラクゼーションスペース、フィットネスジム&スパ、 語学学習ルーム、イスラム教徒のための祈祷室もある。 クリムゾンとは深紅色、楽天カラーということか。

« 江戸の風香る佃島ひとり歩き | トップページ | 2015諸島無為庵菜園模様 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/62793311

この記事へのトラックバック一覧です: にこたまの地下霊場~寶泉山玉眞院 通称玉川大師:

« 江戸の風香る佃島ひとり歩き | トップページ | 2015諸島無為庵菜園模様 »