« 初詣 その1 鶴岡八幡宮 | トップページ | 谷中散策~朝倉彫塑館など »

2016年1月22日 (金)

初詣 その2 山王日枝神社~スタートの神様

2016年申年の最強パワースポットとテレビで喧伝している人がいて、初詣済んでるけど未だ参拝したことのない神社でもあるので初詣その2として赤坂山王日枝神社を訪ねることとする。スタートは東京メトロ銀座線「溜池山王駅」下車するのは初めてである。大きなビルばかりで神社への案内もない。自分としては良く利用している「赤坂見附駅」で降りて歩く方が判りやすかったかもしれないと後悔した。

頭に叩き込んだはずのマップをなんとかたぐりたぐり、歩いてくるとビルの間から「鎮守の森」らしき景色が見えてあれが山王様かと安心した。

Img_8142
鳥居も珍しい形である。

Img_8144
鳥居の上部分

Img_8147

老人に優しい「エスカレーター」

Dscf9725

日枝神社は太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺(現在の喜多院)の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに始まるという。徳川家康が江戸に移封されたとき、城内の紅葉山に遷座し、江戸城の鎮守とした。 

川越喜多院⇒サイト内リンク 小江戸川越散策その1~喜多院

Img_8149

明暦3年(1657)明暦の大火により社殿を焼失したため、万治2年(1659)、将軍家綱が赤坂の松平忠房の邸地を社地にあて、現在地に遷座した。この地は江戸城から見て裏鬼門に位置する。明治元年(1868)11月の東京奠都の際に准勅祭社に指定された。

神門

Img_8151
扁額

Img_8153
宝物殿

Img_8154
本殿  防火対策として建物に防炎剤(無機リン酸・硫化アンモニウム)を処理しているそうだ。

Img_8156

狛犬(こまいぬ)ではなく「猿」である。もともと猿は神様と人間のあいだをとりもつ存在「神猿(まさる)」と称されて、昔から敬われる存在でした。大山咋神が山の神ということもあり、同じく山の守り神とも呼ばれる猿が使いとして重宝されていたようです。「さる」という音から「勝る(まさる)」「魔が去る(まがさる)」とも考えられ、勝運の神や魔除けの神として置かれています。音読みの「えん」という音から、猿が「縁(えん)」を運んできてくれると考え、商売繁盛や縁結びにもご利益があるとされている。

山王夢御殿(祈願所)

Img_8158
山車庫

Img_8159
神輿庫

Img_8162

日枝神社の末社(まっしゃ)。社殿の右がわ奥にあるこの場所が、日枝神社の隠れパワースポットとして密かに注目を集めているんです。末社は、左に「山王稲荷神社」右に「猿田彦神社」。日枝神社内で最も、仕事運・道ひらきの強力なパワースポットとして有名な神社です。物事を良い方向に導く神様「猿田彦神(さるたひこのかみ)」がまつられています。

Img_8160

日枝神社の神様・大山昨神は、山の神だけでなく「スタートの神様」とも呼ばれています。良い導き+スタートのご利益が得られるこの場所で、物事の良いスタートを祈願する人が多いスポットとして人気なのだとか。良い1年のスタートがきれるように!と祈願する方も多いこの場所は、ぜひ年のはじめに訪れてほしいおすすめのスポットだということだ。

Img_8161

山王稲荷神社
日枝神社にすぐ隣接している稲荷神社です。現在の日枝神社があるこの場所は、むかし「星が岡」と呼ばれる地でした。この地にもとからいた神様「倉稲魂命(うかのみたまのかみ)」がまつられていて、そんな地主神様をきちんと参拝できる開運スポットの一つになっています。また、神社内にいるお稲荷さんは、空襲で日枝神社を焼失した際に、唯一残ったものなのだ

千本鳥居

Img_8163
山王茶寮

Img_8165

« 初詣 その1 鶴岡八幡宮 | トップページ | 谷中散策~朝倉彫塑館など »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/67693086

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣 その2 山王日枝神社~スタートの神様:

« 初詣 その1 鶴岡八幡宮 | トップページ | 谷中散策~朝倉彫塑館など »