« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月12日 (土)

炭焼きとホタ木体験

広報で知り事前に申し込んでいたイベントに参加した。椎茸は経験ありだが、炭焼きは初体験で楽しみにしていた。自宅から45分位掛けて徒歩で会場の野津田公園へ。テニスコート奥の駐車場で参加料500円と椎茸ホタ木三本の料金1500円合計2000円を支払い会場になる炭焼き窯へ。

Dscf9819

炭焼き窯 散歩でしばしば通るが厳重にロックされている。スタッフの方が準備中だ。

Dscf9797

椎茸のホタ木も楽しみにして来た。すでに作業している人がいる。

Dscf9798

炭焼きは事前に焼いていた炭の取り出しと新たな炭焼きをやってくれるそうだ。
会場奥では奥様連のスタッフがトン汁やら焼き芋の準備をされている。

Dscf9812_2
炭だし

Dscf9804
灰も無駄にしない。菜園へ使用するそうだ。

Dscf9805

炭の種類分け作業か?

Dscf9810

炭窯の前でたき火、焼き芋もしているが、その為ではない。

Dscf9816

立派な炭

Dscf9815

炭焼きかまの中に体を横にして入り電灯で見せていただいたが整然と積み上げた様は見事で、芸術的とも思えた。

Dscf9801

Dscf9802
火入れ前

Dscf9823
火入れ。焼き芋焼いていたたき火の火をスコップでいれて・・・

Dscf9824

煙が上がってきた。

Dscf9825

送風機を使ってダイナミックに風を送り一気に燃え上がっていく。

Dscf9826

椎茸ホタ木作り。ドリルで穴あけ。中腰での作業は腰痛もちには辛い。
三本が限界だ。スタッフがやってくれるが全て独りでやった。

Dscf9811

椎茸菌をまぶした種駒を木槌で打ち込む。
スダレ作りもやっている。

Dscf9814

焼きたて焼き芋の美味しかったこと

Dscf9820

トン汁の接待も

Dscf9822

帰りには参加者に炭と木酢液のプレゼント
初めての体験もあり楽しい時間を過ごせた。来年も是非参加したい。

Dscf9830

2016年3月 3日 (木)

ふたたびの亀戸天神-2016年

藤の時期に初めて訪れている亀戸天神さまであるが、梅の開花時期にと本日再訪した。JR亀戸からスタート。二度目だけに全てに無駄なく門前まで来ることができた。

Img_8275
前回は東口からせめてしまったが、今回は正攻法で。鳥居、男橋、社殿が一直線にみえている。

Img_8278
梅と社殿 男橋から

Img_8282
拝殿前に紅白梅 蒼穹をバックに梅花と社殿が映えている。

Img_8289
神楽殿 今回は催事はないようで閉まっている。

Img_8288
社務所と社殿

Img_8287
御朱印は社務所にてお願いした。

Img010

女橋が池の水面に映えて美しい。 前景に藤の花が垂れているとまた情緒ある写真になる。

Img_8290
船橋屋でくずもちを土産に買い求めた。

Dscf9794

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »