« 七国山風致地区散策 | トップページ | 無為庵菜園夏野菜収穫 »

2016年5月30日 (月)

旧准勅祭社東京十社芝大神宮

芝大神宮

名前は聞いているが、どこにあるのか知らないでいた、今回改めて調べてこんなところにあったのかと承知した次第である。JR浜松町駅から歩いた。株主総会の会場となるホテルや、増上寺、フレンチレストラン「クレッセント」など馴染みの場所なのになんということだ。

増上寺方面へ向け歩き芝大門の手前を右へ曲がると、芝大神宮の参道がある。古い石塔やら燈篭がかつての雰囲気を感じることができる。

Dscf0137

芝大神宮は、伊勢神宮の御祭神、天照大御神(内宮)、豊受大神(外宮)の二柱を主祭神としてお祀りしています。御鎮座は遠く平安時代、寛弘二年(1005)一条天皇の御代に創建された由緒あるお社である。元来「神明」あるいは「神明宮」と称していたが、武蔵国日比谷郷に鎮座していたことから「日比谷神明」と、また飯倉御厨に鎮座していたことから、「飯倉神明」と、さらに芝の地に住民が居留して町の様相を呈するに及び「芝神明」とも称されるに至った。

Img_8437

伊勢神宮の内外両宮の祭神を祀ることから、関東における伊勢信仰の中心的な役割を担い、「関東のお伊勢様」とも尊称された。明治維新にあたり、政府の教部省、太政官正院並びに東京府の許可のもと、明治5年8月30日より、現今の神社名である「芝大神宮」を称す。

Img_8436

東海道沿線で江戸市中と市外の境界線上に鎮座し、増上寺も隣接することから、江戸時代に入って参詣者が増え、江戸から出府する旅人にとっては道中無事を、入府する旅人にとっては道中無事の報賽をといった祈願が行われた。さらに江戸時代にはお蔭参りといわれる伊勢神宮への参拝が数多く見受けられるが、高額な旅費と長期間の旅程を要し、容易に行うことは難しかったため、代わりに伊勢神宮の祭神を祀り江戸市中に鎮座する当神社への参詣者が増えていったと考えられる。参詣者が増えれば、それを当て込んで参道に数々の出店が見られるようになり、茶屋、揚弓場、吹き矢、花の露屋(化粧品)、角力、手妻(手品)、軽業、剣術、富籤興行、岡場所・陰間などの風俗店や、芝居などの見世物小屋で賑わい、特に芝神明の太々餅は土産物として評判を呼び、名物となった。

Dscf0139

不動貯金銀行を設立し、貯金王と称された牧野元次郎の偉業を称えて、昭和32年に当時の関係者により建立されたものです。碑文は武者小路実篤

Img_8447

生姜塚もあり、近くの農家でよく栽培していてお供え物になっていたそうな。社務所に熊本産の生姜を販売していたので、熊本地震復興祈願と思い購入した。

芝大神宮の力石は「五十貫余」の切付〈きりつけ〉とともに「川口町 金杉藤吉」の名前があります。これは明治時代に活躍した有名な力持ち力士の一人である芝金杉川口町(現芝一丁目)の山口藤吉(慶応3年・1867生)、通称「金杉の藤吉」のことです。芝大神宮で力持ちの興行が行われた時、金杉の藤吉がこの石を片手でさし上げたと伝えられています。なお、「金杉藤吉」の切付のある力石は、江東区や江戸川区、さらには川崎市にも存在が確認されています。

Img_8441
港区内には8寺社に合計16個の力石が残されていますが、当時の力持ち力士の伝承が伴っているのは芝大神宮のこの力石のみで、都市の力石の民俗を知る資料として貴重なものとのことだ。

Dscf0140
御朱印は社務所にてお願いした。

Img_8446
毎月朔日祈願したものを頂いた。

Img011_2

帰り道社殿裏の通りから本殿を拝めた。

Img_8448

« 七国山風致地区散策 | トップページ | 無為庵菜園夏野菜収穫 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/69665917

この記事へのトラックバック一覧です: 旧准勅祭社東京十社芝大神宮:

« 七国山風致地区散策 | トップページ | 無為庵菜園夏野菜収穫 »