« 書寫山圓教寺(しょしゃざんえんぎょうじ) | トップページ | 2016無為庵菜園夏野菜収穫6 »

2016年7月29日 (金)

世界遺産・国宝姫路城

書写山圓教寺からの帰りパワーが残っていたので、神姫バスを城手前で降りて城までゆっくり歩いてみた。世界遺産後初めてで、外国人観光客の多さが目につく。また各地で社会問題化している「ポケモンGO」と見られるスマホを掲げた子供たちも居る。

Img_8547

中は観ているので今回は真っ白白鷺城の撮影のみと最初から決めている。

Img_8538

姫路市街の北側にある姫山および鷺山を中心に築かれた平山城で、日本における近世城郭の代表的な遺構。
Img_8537

江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守(姫路・松本・丸岡・犬山・彦根・備中松山・松江・丸亀・伊予松山・宇和島・高知・弘前)の一つで、中堀以内のほとんどの城域が特別史跡に、現存建築物の内、大天守・小天守・渡櫓等8棟が国宝に、74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が重要文化財に、それぞれ指定されている。

Img_8542

1993年(平成5年)12月にはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。この他、「国宝五城(姫路・松本・犬山・彦根・松江)」や「三名城(姫路・名古屋・大阪)」では諸説あるなか姫路は必ず入る。

Img_8548

2年前頃から訪ねたいと思っていた書寫山圓教寺に参拝できそこで本田家、榊原家、松平家などの姫路城歴代城主の廟所も見ることが出来た。

Img_8549
改めて歴代城主を調べてみた。(姫路市史)
・     ・     ・     1333年     赤松則村(円心)、姫山に縄張りを定めたとされる。
1     赤松貞範    1346年     則村の二男貞範が姫山に城(姫山城)を築いたとされる。
2     小寺頼季     1349年     貞範、庄山城を築いて移り、小寺頼季を目代として姫山に置く。
3     小寺景治      1352年     景治、城主になる。
4     小寺景重      1358年     景重、城主になる。
5     小寺職治      1403年     職治、城主になる。
6     山名持豊      1441年     赤松満祐、将軍足利義教を誘殺し姫路に帰ったが、山名持豊(宗前)らに攻められ城山城で敗死する(嘉吉の乱)以後山名氏がが播磨守護となる。
7     赤松正則     1467年     応仁の乱おこる。赤松氏を再興した正則(満祐の弟の孫)は、播磨の旧領を回復し、姫山の城を改修する。
8     小寺豊職     1470年     正則、置塩城を築いて移り、重臣小寺豊職(職治の子)が入城。
9     小寺政隆     1491年     政隆(豊職の子)城主になる。
10     小寺則職     1519年     小寺政隆、御着城を築いて移り、子の則職が継ぐ。
11     八代道慶     1531年     則職、御着城に移り、道慶が守る。
12     黒田重隆      1545年     重隆小寺氏の命により入城。
〃     〃     〃     1561年     黒田重隆・職隆父子が姫路城を築城する。
13     黒田職隆      1564年     職隆、城主になる。
14     黒田孝高      1567年     勘兵衛孝高(如水)、城主になる。
15     羽柴秀吉     1580年     黒田孝高、姫路城を秀吉に献じ国府山城に移る。秀吉、姫路城の修築を始める。
〃     〃     〃     1581年     秀吉、姫路城の三層天守を築く。
〃     〃     〃     1582年     秀吉、備中高松城を水攻めにする。本能寺の変で織田信長倒れる。
16     羽柴秀長     1583年     秀吉、大阪城を築いて移り、羽柴秀長が城主となり播磨・但馬を治める。
17     木下家定     1585年     秀長、大和郡山城に移り、北政所の兄木下家定が入城。
18     池田輝政      1600年     関ヶ原の戦い。木下家定、備中足守に移封され、池田輝政が三河吉田城より五十二万石をもって入城する。
〃     〃     〃     1601年     輝政、姫路城を含む城下町の大改修を始める。
〃     〃     〃     1609年     姫路城大天守が完成する。
19     池田利隆    1613年     池田輝政が死去する。
〃     〃     〃     1615年     大阪夏の陣(豊臣氏滅亡する)。一国一城令が出される。
20     池田光政    1616年     光政、城主となる。
21     本多忠政    1617年     池田光政、因幡鳥取城に移り、本多忠政が伊勢桑名城より十五万石をもって入城する。
〃     〃     〃     1618年     西ノ丸を築き、忠刻・千姫の居城を営む。今日の城の姿が完成。
22     本多政朝     1631年     政朝、城主となる。
23     本多政勝     1639年     政勝、城主となる。
24     松平忠明     1639年     家康の外孫の松平(奥平)忠明、本多政勝と入れ替わり大和郡山城より入城する。
25     松平忠弘     1644年     忠弘、城主となる。
26     松平直基     1648年     出羽山形城主・松平直基(結城秀康の子)、松平忠弘と入れ替わり姫路城主となるが赴任途中で没する。
27     松平直矩     1648年     直矩、城主となる。
28     榊原忠次     1649年     松平直矩、越後村上城に移封となり、榊原忠次陸奥白河城より入城する。
29     榊原正房     1665年     正房、城主となる。
30     松平直矩     1667年     松平直矩、越後村上城より入城する。
31     本多忠国     1682年     本多忠国(政勝の孫)、陸奥福島城より入城する。
32     本多忠孝     1704年     忠孝、城主となる。
33     榊原政邦     1704年     榊原政邦、越後村上城より本多忠孝と入れ替わり入城する。
34     榊原政祐     1726年     政祐、城主となる。
35     榊原政岺     1732年     政岺、城主となる。
36     榊原正永     1741年     正永、城主となる。
37     松平明矩     1741年     松平明矩(直矩の孫)、陸奥白河城より入城する。
38     松平朝矩     1748年     朝矩、城主となる。
39     酒井忠恭     1749年     酒井忠恭、松平朝矩と入れ替わり前橋城より入城する。
40     酒井忠以     1772年     忠以、城主となる。
41     酒井忠道     1790年     忠道、城主となる。
42     酒井忠実     1814年     忠実、城主となる。
43     酒井忠学     1835年     忠学、城主となる。
44     酒井忠宝     1844年     忠宝、城主となる。
45     酒井忠顕     1853年     忠顕、城主となる。
46     酒井忠績     1860年     忠績、城主となる。
47     酒井忠惇     1867年     忠惇、城主となる。
48     酒井忠邦     1868年     忠邦、城主となる。

« 書寫山圓教寺(しょしゃざんえんぎょうじ) | トップページ | 2016無為庵菜園夏野菜収穫6 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/66978882

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産・国宝姫路城:

« 書寫山圓教寺(しょしゃざんえんぎょうじ) | トップページ | 2016無為庵菜園夏野菜収穫6 »