« 渋谷の地名の由来となった金王丸神社~「算額」で脚光 | トップページ | 柴又帝釈天~題経寺彫刻が観たく再訪 »

2016年9月28日 (水)

曹洞宗徳雄山瑞雲院建功寺

最近テレビでよく見掛けているお坊さん枡野俊明氏が住職を務めるお寺が「建功寺」で「總持寺」の近くにあることが分かり訪ねることにした。寺院のホームページアクセスによるとJR鶴見駅およびJR横浜線菊名駅からいずれもバス便とあり、便利な菊名からスタートすることにした。菊名駅は通過したことはあるが下車したことは初めてである。駅構内が工事中で判りにくくバス停がある反対側に出てしまった。バスは横浜市営バスと臨港バスがあるが綱島街道バス停で市営バスに乗りが下車は「西寺尾建功寺前」で下車した。直前に左側に建功寺らしき寺院が目に入ったがったので戻ると入江川せせらぎ緑道という遊歩道が整備されている。近くに解説板があり入江川というのは建功寺川とも呼ばれているそうである。

Dscf0696

更に戻ると建功寺の表参道である。

Img_8658

表参道には寄進された立派な石塔が両側に並んでいる。

Img_8659

石灯籠と中門

Img_8662

中門前の通り。手前は檀信徒会館である「瑞雲閣」

Dscf0701

中門

Img_8664

中門右の寺号石塔

Img_8665

中門に掲げられている扁額

Img_8666

建功禅寺は、永禄3年(1560)小田原の北条家に仕えていた五代目寺尾城主諏訪三河守右馬之助が開基した寺。諏訪氏の菩提寺を建立することを思いたった諏訪三河守右馬之助は、現在伊勢原にある龍散寺の大洲長譽和尚を迎え建功寺を建てられた。

山号の徳雄山とは、諏訪三河守右馬之助の武士としての勇ましさ、『徳勇』が後に徳雄に変わったもの。五代目寺尾城主が寺院としての伽藍を整える以前は諏訪家の菩提処として、『瑞雲院』と呼ばれており、北条早雲の正式名の『宗瑞北条早雲』から、『瑞』と『雲』の2字を賜り『瑞雲院』として忠誠を誓ったと言われている。現在檀信徒会館「瑞雲閣」にその名を引き継いでいる。

Dscf0700

寺号の建功寺とは、開基である、五代目寺尾城主諏訪三河守右馬之助の武勇をたたえ、その功績をもって建立した寺として建功寺とし、正式名を『徳雄山瑞雲院建功禅寺』と呼ぶ。諏訪氏が開基である証として、諏訪氏の替紋である『諏訪梶』が寺紋として現在も伝えられている。

現住職は建功寺 第18世 枡野俊明(大雄俊明)は庭園デザイナーであり、多摩美術大学環境デザイン学科教授でもある。2000年12月に建功寺第18世住職に就任している。ブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、芸術選奨文部大臣新人賞受賞(美術部門)、外務大臣表彰、カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章など受賞歴があり、ニューズウィーク日本版『世界が尊敬する日本人 100人』にも選出されている。

曹洞宗の本山は福井にある大本山永平寺と横浜にある大本山總持寺とを両大本山としている。明治31年、当時石川県の能登にあった大本山總持寺は不慮の火災にあい、伽藍のほとんどを焼失してしまいました。その後、本山再建問題で首都圏への移転の声がおこり、有力な候補地として建功寺の末寺である鶴見の成願寺があがりました。明治39年、能登の門前町より、鶴見への本山移転が正式に決定され、当寺の15世宏道和尚が本山移転に多大な尽力し、その功績により、明治40年、大本山總持寺貫首より、本山近門寺院に列せられ、永代色衣着用の寺格を特別に許された寺院である。

山門への階段

Img_8667
山門に掲げられている山号扁額

Img_8669

山門右の石塔 「三界萬霊等」の三界とは欲界・色界・無色界で、我々が生まれかわり死にかわりするこの世界のことであり、万霊とはありとあらゆる精霊のことであるから、三界万霊牌はこの世のありとあらゆる精霊を合祀した位牌のこと

Img_8670

山門扉の寺紋 諏訪梶

Img_8672

白山権現

Img_8673

鐘楼

Img_8676

梵鐘 500貫

Img_8677

建替え中の本堂

Img_8679

御朱印

Img285

本堂の完成予定が2018年で、完成したらまた参拝に訪れたい。

« 渋谷の地名の由来となった金王丸神社~「算額」で脚光 | トップページ | 柴又帝釈天~題経寺彫刻が観たく再訪 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/67961488

この記事へのトラックバック一覧です: 曹洞宗徳雄山瑞雲院建功寺:

« 渋谷の地名の由来となった金王丸神社~「算額」で脚光 | トップページ | 柴又帝釈天~題経寺彫刻が観たく再訪 »