« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月21日 (金)

極楽寺再訪

三年前に初めて訪れて感銘を受け是非ゆって「十一人塚」「稲村ヶ崎」「虚空蔵堂」「成就院」から極楽寺へお参りし、「御霊神社」「長谷寺」「甘縄神社」「和田塚」「六地蔵」「大巧寺」を巡るしかも全て徒歩という欲張りツアーであった。時間的制約もあり、初めて訪れる場所ばかりだったので一箇所にかける時間も余裕がなかったのである。

今回は極楽寺と成就院と御霊神社のみとする。

藤沢から江ノ電に乗り「極楽寺駅」からスタート

Dscf0731
改札口を出て駅舎

Dscf0734
極楽寺切通しの方向へ進むと意外な表示板「極楽洞土木遺産」

Dscf0737

江ノ電極楽洞トンネル 「極楽洞」は極楽寺駅~長谷駅間にある江ノ島電鉄唯一のトンネルで、 1907年の完成、開通以来大きな改造はなく、電気鉄道のトンネルとして 当時の煉瓦造りが残されているのは全国的に稀とのことである。

Img_8827
桜橋

Dscf0742
桜橋を渡り左へ行くと直ぐに「極楽寺山門が見えてくる。茅葺きの山門がたまらなくいい。

Img_8811
参道 山門を潜り左手に「境内撮影禁止」の表示がある。前回訪れた時もこの表示を見て撮影しなかったが、今回は後で寺務所にて許可を頂き撮影したものである。

Dscf0747
本堂

Img_8815
本堂屋根 北条の家紋

Img_8816
本堂 花頭窓

Img_8817

Img_8818
八重一重の桜

Img_8820
観音堂

Img_8822
寺務所にてご朱印をお願いした。その際若い僧侶とお話をさせて頂き、「境内撮影禁止」の表示があるが、三脚立てなけれ撮影許可も頂いた。

Img288
寺務所にて購入した切り絵

Img293

極楽寺切通を由比ヶ浜方向へ、左に成就院西結界が見えてきた。東結界は工事中で閉鎖中

Img_8828
山門の扁額

Img_8830
本堂

Img_8831

左側の寺務所で御朱印を頂いた。

Photo
虚空蔵菩薩参拝

Dscf0750
鎌倉十井の星の井

Dscf0751
Dscf0752

江ノ電を再び渡り御霊神社の拝殿

Img_8833
相変わらず美しい

Img_8834

右側にある社務所にて御朱印を頂いた。独特のタッチの美しい字である。

Img289

2016年10月 6日 (木)

柴又帝釈天~題経寺彫刻が観たく再訪

寅さんの映画を観て、柴又再訪したくなり今史跡巡りに割り当てた。京成柴又駅からスタート。駅前広場では寅さん像が出迎えてくれた。撮影者が多くて帰りに撮影した寅さん像。

Img_8768

駅前にある「おもちゃ博物館」

Dscf0711

参道入口にある石塔

Img_8692

参道入口

Img_8694

とらやのモデルになった老舗高木屋

Img_8695

二天門

Img_8697

二天門の彫刻も素晴らしい。

Img_8701

帝釈堂 境内は相変わらず観光客で賑わっている

Img_8705

帝釈堂法華絵巻の彫刻 帝釈堂裏手に入口あり。彫刻ギャラリーと大庭園の邃溪園(すいけいえん)、大客殿を見学できる。拝観料400円。

Img_8708
Img_8722
素晴らしい彫刻を上手に撮影できないので受付にあったパンフレット600円を購入した。

Img291
Img292

法華経説話彫刻を鑑賞するのが第一の目的で、第二の目的は御朱印をいただくことである。御朱印は帝釈堂内右手にて受付けてくれる。

Img284

帝釈堂と本堂・客殿をつなぐ渡廊下

Img_8726

本堂

Img_8727

釈迦堂

Img_8728
二天門と大鐘楼

Img_8730

本堂の花頭窓

Img_8731

邃溪園庭園は客殿の廊下や庭園周囲の回廊から鑑賞するスタイル。庭園に立ち入ることはできない。

Img_8747
庭園

Img_8749

回廊からの庭園

Img_8750
奥の建物は客殿

Img_8751

邃溪園石塔

Img_8757

大鐘楼

Img_8758

矢切の渡し

Img_8761

山本亭 改装工事中

Img_8764

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »