« 菊花展 | トップページ | 白山神社 旧准勅祭社東京十社コンプリート »

2016年11月22日 (火)

赤坂氷川神社

元准勅祭社東京十社の自分にとっては九社目となる赤坂氷川神社である。個人的には山王日枝神社とごっちゃになっていた時期がある。東京メトロ千代田線「赤坂駅」からスタートである。いろんなルートがあるが通勤に利用していて馴染みのあったからである。ところが下車したことはないので不安である。赤坂そのものがめったに来ない場所である。現役時一ツ木通りのバーや料理屋さんに接待で何度か行ったことがある位である。

Dscf0815

駅のホームで出口を確認して地上へ、鹿島建設があるはずだが、大きな看板を出している訳でないので分かりにくいビルの雰囲気で間違いなさそうと歩みを進める。「日大三中三高に跡地碑」がある。日大三高は現在町田市に移転しているが、ここが発祥の地らしい。次の角を左に回ると事前に調べていた「氷川坂」らしい緩やかな坂で突き当りを右へ行くと目的地と予想した。

Dscf0816
氷川坂頂上

Img_8935

頂上間際右手に東参道が見えてきた。

Img_8934
参道

Img_8902
いよいよ氷川神社の鳥居

Img_8906

参道を進むと鳥居の先、左側に稲荷神社が二柱、まずは正面に四社を合祀した四合(しあわせ)稲荷神社

Img_8909
左に西行稲荷 西行五兵衛が稲荷のご神体らしき鉄像を拾い勧請したとの由来

Img_8911
稲荷社とは反対の左手に赤い太鼓橋が彩をそえる庭園

Dscf0822
階段

Img_8916
  狛犬

Img_8913

本殿は築地塀の中、寺院では珍しくないが神社では初めてかもしれない。

Img_8921
社殿は権現造り 

Img_8919
ご祭神は
    素盞嗚尊(すさのおのみこと)
    奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
    大己貴命 (おおなむぢのみこと)

創立の起源は、古い書物によると、天暦5(村上天皇 951)年武州豊島郡人次ヶ原(俗称…古呂故ヶ岡・赤坂4丁目一ツ木台地)に祀られました。

これよりおよそ百年後の治暦2(後冷泉天皇 1066)年、関東に大旱魃が発生、降雨を祈るとその霊験(しるし)があり、以来よく祭事が行われました。

江戸時代、幕府の尊信は篤く、八代将軍 徳川吉宗公が享保元(1716)年将軍職を継ぐに至り、同14(1729)年に老中岡崎城主水野忠之に命じ、現在地(豊島郡赤坂今井台)に現社殿を造営、翌15(1730)年4月26日に、一ツ木台地から現在地への遷宮が行われ、28日に将軍直々の御参拝がありました。

以後十四代家茂公まで歴代の朱印状を下附され、一層の御神徳を高め、開運・厄除・良縁の鎮守神として尊崇を深められました。

石標

Img_8933
境内のイチョウの老巨木

Img_8925
神輿庫か

Img_8927
御朱印

Img303
東京都心に居ることを忘れてしまう静寂で神聖な貴重な時間を過ごせた。

« 菊花展 | トップページ | 白山神社 旧准勅祭社東京十社コンプリート »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/69357393

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂氷川神社:

« 菊花展 | トップページ | 白山神社 旧准勅祭社東京十社コンプリート »