« 曹洞宗諏訪山栴檀林吉祥寺&目赤不動尊 | トップページ | 平井目黄不動~牛宝山明王院最勝寺 »

2017年1月31日 (火)

天台宗竹園山最勝寺教学院~目青不動尊

世田谷区太子堂にある寺院。寛永寺の末寺の一つである。通称「教学院(きょうがくいん)」、正式名称は「竹園山最勝寺教学院」。江戸五色不動「目青不動」で有名。小田急線「豪徳寺」で世田谷線に乗り換え終点「三軒茶屋」からスタート。いつものように平日10時過ぎにも拘わらず世田谷線の混雑は信じられないものであった。

Dscf0915

御朱印用に小銭を用意しておく為に自販機で缶コーヒーを買い、世田谷線を戻る感じで不安を抱えながら歩いていると、コンビニのファミリーマート三軒茶屋駅前店の隣に教学院の門が見えた。

Img_9025 後でわかったのだが、こちらの門は新参道だそうだ。東側に旧参道がある。

正面に見えるのが不動堂

Img_9030
扁額

Img_9031
閻王堂」の扁額も残っている

Img_9032

縁起によれば、応長元年(1311)、玄応和尚によって江戸城紅葉山付近(現在の皇居内)に創建され、太田道灌による江戸城築城(康正3年・1457)により麹町貝塚に移転、のちに赤坂三分坂(青山墓地近辺)へ移転したという。その後慶長9年(1604)、青山南町(百人町)に3000坪の土地を与えられ移転し、明治42-44年(1909年-1911)、太政官布告により3カ年の期間を経て現在地に移転したという。

Img008

目青不動は麻布谷町にあったという正善寺の本尊であったものが、同寺の廃寺にともない教学院に遷し奉られたものである。目青不動尊は慈覚大師円仁ご自作の尊像で、秘仏としてお厨子に納められている。座高1メートル余りの青銅製で寛永19年(1642)正月11日の銘がある。丸顔で上下の牙歯がなく微笑みを湛えて居るように見えるえくぼが女性的である。

Dscf0913

本堂にはご本尊阿弥陀如来

Img_9035_2

江戸時代より五色不動のひとつに数えられ、東西南北の五方角と中央と五色を合わせたもので将軍家光の時代に成立したといわれている。
 青色 東方
 赤色 南方
 黄色 中心
 白色 西方
 黒色 北方

境内に「獣魂塔」食肉卸組合が寄進しているのが生々しくて頂けない。

Img_9036_2

庫裏の「納経」はこちらの案内あり、こちらで御朱印を頂く

Img006

教学院縁起にある「チシャノキ」 6月頃小さな花をつけ香りを放つそうだ。

Img_9039
帰りは旧参道から帰ることにした。

Img_9041
小規模な境内だが、よく清掃されていて気持ちよく参拝できた。最寄駅から近いので参拝者も多いようだ。意外だったのは若い女性グループのほか自転車で廻っている若い男性が目立った。
五色不動もあと黄色が残る。台東区三ノ輪と江戸川区平井にあるそうだが、平井の最勝寺を予定している。教学院と同じ寺名なのが気に掛かる。

« 曹洞宗諏訪山栴檀林吉祥寺&目赤不動尊 | トップページ | 平井目黄不動~牛宝山明王院最勝寺 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/69470821

この記事へのトラックバック一覧です: 天台宗竹園山最勝寺教学院~目青不動尊:

« 曹洞宗諏訪山栴檀林吉祥寺&目赤不動尊 | トップページ | 平井目黄不動~牛宝山明王院最勝寺 »