« 初詣 總持寺 | トップページ | 天台宗竹園山最勝寺教学院~目青不動尊 »

2017年1月16日 (月)

曹洞宗諏訪山栴檀林吉祥寺&目赤不動尊

駒込古刹吉祥寺と五色不動のひとつ目赤不動尊を訪ねることにする。東京メトロ南北線「本駒込駅」からスタート。先に目赤不動尊に参拝することとする。地下鉄の駅員さんが出口やら道順など丁寧に案内して下さった。お陰様で、すんなりと南谷寺の門前へ行くことができた。

Img_8988
天台宗大聖山東朝院南谷寺目赤不動尊 江戸五色不動のひとつである。お不動さまの12年に1度の総開帳の案内が目に入る。酉年はお不動様が守り本尊となるそうだ。

Img003

本堂の本尊は阿弥陀如来

Img_8989
早速不動堂のお不動さまを参拝する

Img_8992

当寺院は、元和2年(1616)に比叡山の南谷にいた万行律師によって開かれた。彼は熱心な不動明王の信仰者であった。言い伝えによるとある夜、伊賀国(現在の三重県)の赤目山に行くよう夢でお告げがあり、赤目山の山頂で祈願していたところ、天から一寸二分ほどの黄金の不動明王像を授かったという。その後、江戸・下駒込の地(現・本駒込3丁目付近、東京都立駒込病院の近く)に庵を結び、不動明王像を安置した。この不動明王に対する人々の信仰は篤く、多くの参詣者が訪れた。この不動堂の前の坂道は「不動坂」と呼ばれ、現在は「動坂」と呼ばれている坂である。

Dscf0900

寛永5年(1628)鷹狩に訪れた三代将軍・徳川家光によりそれまで「赤目不動」と呼ばれていた、当寺の不動明王を目黒不動・目白不動にちなみ「目赤不動」と呼ぶように言われ、かつ現在の地を与えられ「大聖山東朝院」と号するようになった。天明8年(1788)に上野の寛永寺の直末寺になると同時に、「南谷寺」の寺号を与えられた。

Img_8993

事務所にて御朱印を頂く

Img002

次は吉祥寺、南谷寺前の道路を真っすぐ行けばいいはずだ。間もなく「吉祥寺前」の信号がそれを語ってくれた。今日は順調に予定の活動ができそうだ。

Dscf0903
歩みを進めていると立派な山門が見えてきた。

Img_8998
「栴檀林」の扁額

Img_8999
室町時代1458年(長禄2年)に太田持資(太田道灌)の開基で江戸城内に青巌周陽を開山に招いて創建した。道灌は、江戸城築城に際し和田倉付近の井戸から「吉祥」と刻銘した金印を得、これを瑞祥として青巌を請じて西の丸に建立した。山号はこの地が諏訪神社の社地であったことによる。

Img_9002

のち徳川家康の関東入府にともなって駿河台(現在の都立工芸高校の周辺)に移り、明暦の大火と江戸大火によって現在の駒込の地に移転した

Img_9006

江戸期には境内に後の駒澤大学となる学寮「旃檀林」(せんだんりん)が作られ、卍山道白が規則を制定して大いに繁栄し、幕府の学問所「昌平黌」と並んで漢学の一大研究地となった。多くの学寮(カレッジ)・寮舎を備え、常時1,000人余の学僧がいた。各寮には学徳兼備の者が選ばれて寮主となり、寮主はさらに役員を選び、役員によって学問の指導や日常生活が合議によって運営された。教科目は内典(仏教)と外典(漢学)で、江戸の中期以降は漢学が重視された。そのため僧侶以外でも、寺院に縁故のある旗本の子弟・寺侍が聴講した。

曹洞宗三学寮とは吉祥寺栴檀林と サイト内リンク⇒青松寺獅子窟泉岳寺

参道も立派 枝垂れ桜のようで、花期に再び訪れてみたいものだ。

Img_9004_2

本堂

Img_9015

客殿

Img_9016

鐘楼

Img_9009
経蔵

Img_9013

参道左手に比翼塚 

Img_9008
阿弥陀仏座像 吉祥寺大仏

Img_9007

寺堂は近代まで七堂伽藍を誇っていたが、東京大空襲で焼失し、わずかに山門(1802年建造)と経蔵(1804年建造)を残すのみとなった。現在は復興され、本堂、客殿、庫裏などが点在する。

二宮尊徳墓

Img_9023

小出浩平先生顕彰歌碑

明治30年(1897)8月14日新潟県南魚沼郡塩沢町仙石に生まれ舞子小学校高田師範学校を経て大正14年(1925)東京音学校卒業

南西海小学校・香川師範学校・東京赤坂小学校・同城東小学校歴任・昭和12年(1937)学習院教授に就任 皇太子殿下、義宮殿下の音楽御教育係拝命 昭和39年(1964)三室戸学院理事・東邦音楽大学副学長の要職につき日本教育音楽協会を始め多数の会の会長として活躍

この間に日本で最初の学年別基礎指導・レコードによる鑑賞指導・器楽指導・創作指導を音楽教育に取入れ我が国音楽教育を一変させた また唱歌・新教授法・合唱曲集・教育音楽等の多数の著書や雑誌の編集・こいのぼりおしし等の愛唱歌九百余の校歌の作曲・NHK・TBS・其の他多数のコンクールの創始・審査・更に放送講演等により日本の音楽教育を今日あらしめた功績は絶大である よって茲に歌碑を建立し顕彰する次第である。
 昭和54年(1979)11月18日 
 小出浩平先生顕彰碑建立実行委員会

Img_9010
客殿前 梅の花が匂っている。

Img_9017

庫裏の前に栴檀林の「センダン」の木があり、実を付けている。ボランティア活動していたフィールドにもあり、その実は春まで残っていることが多い。不味い実らしく、他に食べるものがある内は鳥も食べないそうだ。

Img_9019
センダンの木

Img_9021

御朱印は事務所にてお願いした。待っている間に暖かい緑茶の接待を頂いた。

Img005

干菓子と線香「栴檀香」を土産に購入した

Dscf0911

Dscf0912
吉祥寺は境内に入ると清浄な雰囲気が心地よく、いつまでも居たい気持ちになったものだ。

« 初詣 總持寺 | トップページ | 天台宗竹園山最勝寺教学院~目青不動尊 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/69459799

この記事へのトラックバック一覧です: 曹洞宗諏訪山栴檀林吉祥寺&目赤不動尊:

« 初詣 總持寺 | トップページ | 天台宗竹園山最勝寺教学院~目青不動尊 »