« 2017年1月 | トップページ

2017年2月

2017年2月21日 (火)

幸田露伴「五重塔」モデル天王寺&徳川慶喜公廟

日暮里駅からスタート。昨年の谷中散策以来二回目であるが、谷中霊園は初めてでやや不安。平日にもかかわらず外国からの観光客らしき一団のほか見学者が多い。

Img_9060
墓苑を抜けて大通りに出ると、天王寺の山門が見えた。

Img_9061

境内は小奇麗に整備され掃き清められていて気持ちよくお参りできる。

Img_9062
大仏 「大聖釈迦牟尼如来」の銘板 谷中大仏とも呼ばれている

Img_9066

日蓮の弟子・日源が法華曼荼羅を勧請して開山した長耀山感応寺。元禄11年(1698)天台宗に改宗となり、「護国山天王寺」へ改号した。

Dscf0936

白梅と本堂

Img_9067 庫裏 御朱印は左手にボタンがあり押すと窓を開けてお願いした

Img_9082 庫裏から見た本堂

Img_9086
庫裏横の庭 手入れされ気持ち良い

Img_9083
Img_9084

幸田露伴の小説「五重塔」のモデルとしても有名。五重塔跡 放火心中で焼失したそうで、在りし日の五重塔の写真とともに燃えている写真、消火活動後の残骸の写真も展示されている。

Img_9071
御朱印

Img013

江戸時代「江戸の三富」として目黒不動湯島天神と共に賑わったそうである。

慶喜公の墓参へ 園内図のほか案内標示もあり迷わずに済んだ。

Dscf0941
立派な塀に囲まれ、門は鉄製で葵の御紋が輝いている。

Img_9078
顕彰碑

Img_9075

徳川慶喜の墓は、5,600平方メートル余の墓域のやや西南寄りに葺石円墳状の墳墓としてあります。顕彰碑の後方左手が慶喜で右は夫人 子供23名全員ではないが数人と側室も埋葬されているそうである。写真の慶喜の円墳の左に小さな円墳は側室だそうだ。

Img_9074

15代将軍慶喜は寛永寺・増上寺の徳川廟に埋葬されなかったのか。
朝敵とされた自分を赦免した上、華族の最高位である公爵を親授した明治天皇に感謝の意を示すため、慶喜は自分の葬儀を仏式ではなく神式で行なうよう遺言した。このため、慶喜の墓は徳川家菩提寺である増上寺でも寛永寺でもなく、谷中霊園に神式で円墳の墓が建てられたとのことである。

徳川歴代将軍の廟を整理すると  

    第一代 徳川家康 日光東照宮
    第二代 徳川秀忠 増上寺
    第三代 徳川家光 日光輪王寺
    第四代 徳川家綱 寛永寺
    第五代 徳川綱吉 寛永寺
    第六代 徳川家宣 増上寺
    第七代 徳川家継 増上寺
    第八代 徳川吉宗 寛永寺
    第九代 徳川家重 増上寺
    第十代 徳川家治 寛永寺
    第十一代 徳川家斉 寛永寺
    第十二代 徳川家慶 増上寺
    第十三代 徳川家定 寛永寺
    第十四代 徳川家茂 増上寺
    第十五代 徳川慶喜 谷中霊園

サイト内リンク⇒上野寛永寺 芝増上寺

昨年の谷中散策で訪れた朝倉彫塑館の朝倉文夫の墓が偶々目に入ったので撮影した。

Dscf0933
川上音二郎の墓は形が変わっている。

Dscf0950
ゆうやけだんだんから谷中銀座

Dscf0952



2017年2月14日 (火)

平井目黄不動~牛宝山明王院最勝寺

江戸五色不動の五番目は黄色。黄色は三ノ輪と平井の二箇所にあるが分かりやすそうな平井にした。総武線平井駅からスタート。いつものように周辺マップを頭に入れて歩く。間違うことも多いがそれも楽しむ。近くまで来たところで出会ったおばあさんに確認するが、「最勝寺」と「目黄不動」を別物と認識しているのが面白かった。結局最勝寺の墓地を抜けて仁王門前に出た。

Dscf0918
Img_9043
天台宗牛宝山明王院最勝寺と号し、通称「目黄不動」といわれている。

Img_9044
本堂
最勝寺の始まりは、慈覚大師が東国巡錫のみぎり、隅田川畔(現・墨田区向島)にて、釈迦如来像と大日如来像を手ずから刻み、これを本尊として貞観二年庚辰(860)に一宇を草創したことによる。同時に大師は、郷土の守護として「須佐之男命」を勧請して牛島神社に祀り、大日如来を本地仏とした。
慈覚大師の高弟・良本阿闍梨は、元慶元年(877)に寺構の基礎を築き、最勝寺の開山となり、当寺を「牛宝山」と号した。その後、本所表町(現・墨田区東駒形)に移転した。 サイト内リンク⇒牛島神社 向島散策

Img_9047
本堂「牛寶山」扁額

Img_9053
不動堂

Img_9045
「不動尊」扁額

Img_9054

当寺は徳川家の崇拝が篤く、将軍が鷹狩りの際にしばしば立ち寄り「仮の御殿」が置かれた。明治の神仏分離に至るまで、牛島神社(牛の御前)の別当をつとめ、その時神社の本地仏大日如来像は当寺に遷座し、今日に至る。
また当寺に奉安される不動明王像は、江戸府内五色不動の一つで、目黄不動と称されている。
この不動明王像は、天平年間(729~766)に良弁僧都(東大寺初代別当)が東国巡錫の折り、隅田川のほとりで不動明王を感得され、自らその御姿をきざまれたものであり、同時に一宇の堂舎を建立された。その後最勝寺の末寺で本所表町にあった東栄寺の本尊として祀られ、徳川氏の入府により将軍家の崇拝するところとなった。殊に家光公の崇拝は篤く、仏教の大意に基づいて江戸府内に五色不動の霊場が設けられたが、この時に目黄不動と称され、江戸の町を守護する不動尊として広く信仰された。明治の神仏分離により東栄寺は廃寺となり、本尊不動明王像は本寺の最勝寺に遷座され、これより当寺は「明王院」と号するようになった。

境内の不動堂前に古い石造の地蔵像を重ねたようなものがあるが、無縁塚とのことだ。

Img_9049
御朱印は不動堂横寺務所にてベルを押してお願いした。

Img012

不動堂を東側から

Img_9056

江戸川の堤に上がり腰をおろしてお茶をして帰路についた。

Dscf0924
これにて五色不動尊コンプリート サイト内リンクご参照下さい
 目黒不動尊 目黒区瀧泉寺
 目白不動尊 豊島区金乗院
 目赤不動尊 文京区南谷寺
 目青不動尊 世田谷区教学院

« 2017年1月 | トップページ