« 帰省 東名-新東名-伊勢湾岸-新名神-名神-阪神 | トップページ | 浄土宗湯島山常光院浄心寺 »

2017年5月30日 (火)

内藤新宿総鎮守 トウガラシ栽培している花園神社

参道につながっているのではと勘違いして入り込んだ繁華街には珍しい遊歩道

Dscf1092

心和ませてくれるこんな像もある

Img_9283

神社参道は見えず、飲み屋街があらわれた。これがゴールデン街なのかな。たまたま撮影クルーと遭遇した。

Dscf1095

株主である日清食品のビルが見えるところに出た。初めての土地ではよくあることだが遠回りしている。

Img_9287

やっと神社の入口を見つけた。やれやれ。

Img_9288

狛犬

Img_9292

千本鳥居

Img_9296

神輿庫

Img_9299

「花園神社は、徳川家康の江戸開府(1603)以前から新宿の総鎮守として重要な位置を占めていました。徳川氏が武蔵野国に入った1590年より前に、大和吉野山より勧請されたとされています。
花園神社は寛永年代(1624~1644)までは現在の場所より約250メートル南、今の伊勢丹デパートの付近にありました。しかし、寛政年代に朝倉筑後守という旗本がこの周辺に下屋敷を拝領したため、社地は朝倉氏の下屋敷の中に囲い込まれてしまったのです。そこで幕府に訴えたところ、現在の場所を拝領することになりました。その場所は、徳川御三家(将軍家に次いで格の高い尾張藩・紀州藩・水戸藩)筆頭の尾張藩下屋敷の庭の一部で、たくさんの花が咲き乱れていたそうです。この美しい花園の跡に移転したので花園稲荷神社と呼ばれたのが社名の由来とされています。」(花園神社ホームページより)

Img_9303

江戸時代このあたりの農家でトウガラシの栽培が盛んで一帯がトウガラシで真っ赤になっていたそうだ。

Img_9304

社務所と拝殿の間には立派なコンクリート製プランターで内藤トウガラシが栽培されていて、神職姿で水遣りもされていた。

Img_9306
御朱印

Img022_2

Img_9305

宝物殿

Img_9309

« 帰省 東名-新東名-伊勢湾岸-新名神-名神-阪神 | トップページ | 浄土宗湯島山常光院浄心寺 »

史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766143/70819132

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤新宿総鎮守 トウガラシ栽培している花園神社:

« 帰省 東名-新東名-伊勢湾岸-新名神-名神-阪神 | トップページ | 浄土宗湯島山常光院浄心寺 »