« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月22日 (木)

梅酒作りと菜園収穫

妻の実家から梅の実を頂いた。青梅と少し黄色くなった梅が混じっている。
青梅は梅酒にすることに。1キロ強の青梅に500gkの氷砂糖、1.8リットルのホワイトリカーで、大きな容器がなく3つに分けた。

Dscf1166

黄色の梅は老妻が明日ジャムにする予定。

菜園で丸ナス2個、ナガナス1個、ピーマンは小ぶりだか沢山実をつけているので樹勢を弱らせないために早めの収穫2種2こづつ。トマトはミニ3個アイコ2個イエローアイコ3個、バジルと青紫蘇も。

Dscf1170

2017年6月19日 (月)

神戸帰省

義母を送り届けるため、先月に引き続き神戸へ帰省した。

厚木の手前から富士山が見えて義母も喜んでいた。

Dscf1136
Dscf1137
大井松田7㌔の手前では更にきれい

Dscf1138
小田原の手前

Dscf1142
足柄手前

Dscf1151
今回も御殿場から新東名へ、そして伊勢湾岸道へ

Dscf1157
長島

Dscf1158
新名神、名神、西宮から阪神。阪神からは懐かしい六甲の山並みが見れて感激。犬の散歩に行っていた摩耶山も望めた。義母の家は更に西。

Dscf1159
Dscf1161
神戸港のシンボル「ポートタワー」

Dscf1163

2017年6月18日 (日)

菜園便り

無為庵菜園を久しぶりにアップします。昨秋種を蒔いて育てた大根は初めての割にはよくできた。

Img_9148
ブロッコリーも初めてだが、春先に鳥に葉っぱをかなり食べられたが、途中から防虫ネットをはりなんとか収穫できた。今年も大根同様挑戦するつもりだ。

Img_9147
さて夏野菜のシーズンであるが、すでにナスとピーマンの四株は初果はお約束通り早めに収穫済であるが明日から旅行に出かけるので、収穫可能なナスとミニトマトをもぐのでその前に菜園を撮影した。
まずは今年食べきれないほどのできであったレタス。時差をつけて蒔くとよさそうだ。

Img_9325
毎年蒔いているオクラは今年は元気がない。

Img_9327
実生の青紫蘇を鉢に移植。葉っぱが大きく育ちました。ゴーヤ、ニラ、バジルも元気だ。バジルはトマトのコンパニープランツで余分な水分を吸収してくれるというので、トマトの株のそばに植えている。

Img_9328
茗荷は今年か去年開墾した菜園に一部移植したがいずれも生命力の強さを発揮している。

Img_9334
八丈島旅行の際、道に生えていた小さな苗を持ち帰って今や無為庵の庭どころか隣の家の庭にも勢力を伸ばしている「明日葉」青物の少ない冬場にも枯れず、今年古希を迎える無為庵清風の精力剤だ。

Img_9336
王様の野菜「モロヘイア」

Img_9337
ネギコーナー 別途九条ネギの種を蒔いており、プランターで大きくなっている。

Img_9338
今年頂いた里芋も元気に育っている。

Img_9342
ナスとピーマン

Img_9335
大玉トマト

Img_9343
中玉トマト

Img_9344
ミニトマト

Img_9345
イエローアイコ

Img_9330
トマト 昨年駐車場拡張の為菜園が狭くなったので、通路だったところをギンモクセイ、アジサイ、ローズマリーなどを伐根し開墾して菜園化

Img_9340
さて本日収穫したのはミニトマト赤3、アイコ赤1、イエローアイコ2.ナス1、バジル2、明日葉2本

Dscf1131
一週間前に収穫した丸ナスの一番果

Dscf1105

2017年6月 9日 (金)

浄土宗湯島山常光院浄心寺

南北線「東大前」2番出口を出て本郷通りを駒込方面に進み向丘一丁目交差点の先に目標が右手に見えてきた。

Img_9311

湯島山常光院と號す、浄土宗芝増上寺末なり、元和七年創立、開基は畔柳助九郎、開山は僧到譽(元和七年寂)とす。本尊阿弥陀如来は恵心僧都の作と稱す、又運慶作といへる地蔵尊安置しあり。(東京名所図会より)

Img_9315

本堂前の大提灯を見ると今年大屋根葺替えをしたばかりのようだ。

Dscf1114_2

寺務所入口右手に葺き替えで使用しなくなった鬼瓦が展示されている。

Img_9321_2

御朱印は右手の寺務所にて頂ける。

Img022

帰路近くを散策した。まずは根津神社。透かし塀から拝殿の屋根

Dscf1120

外国人観光客に人気の千本鳥居

Dscf1119

神門

Dscf1121_2 森鴎外居住跡「水月ホテル鴎外温泉」

Dscf1123

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »