自然観察

2016年9月 9日 (金)

七国山風致地区散策

七国山風致地区内にある薬師池公園は「東京百景」、「東京都指定名勝」「日本の歴史公園百選」に選定されている。散策するのに丁度良く、四季の花の開花期、自分自身の体調や持ち時間に応じてルートを変えて楽しんでいる。

Dscf0591
池は昨秋に「掻い掘り」をして池底に溜まっていたヘドロを取り出して、外来生物の駆除も実施している。手前の管理事務所・フォトサロンとの間の広場の芝生も綺麗になっている。

Dscf0592

今年の花期には来れなかった花菖蒲園。菖蒲の花は無くとも谷戸の雰囲気が好きだ。

Dscf0594
この雰囲気に更に情緒を添えているのが水車小屋である。

Dscf0596

水車には上掛け、胸掛け、下掛けの三種類があり、見ての通り上掛け方式である。

Dscf0597
鶴見川沿いには昔水車を利用して製粉、精米などおこなっていてそうである。この水車は大蔵町の水車大工さんが子供の教育のためと製造寄付されたものだそうだ。

Dscf0599
園内には梅、桜、椿、紫陽花、大賀ハス、藤、萩などの季節の花を楽しめるが、その他「萬葉草花苑」も珍しい、特別の場所に行かないと見ることが出来ないような今や「野草」を見れる。

Dscf0601
東京都有形文化財に指定されている「旧荻野家住宅」は笠間藩医家の家。昨年茅屋根の葺替え工事をしている。園内の梅林北に国の重要文化財「旧永井家住宅」もある。

Dscf0602
屋内の竈

Dscf0604
裏庭にある「板倉」

Dscf0605
薬師堂 

Dscf0607
仙人草

Dscf0610
ジンジャー

Dscf0613
七国山ファーマーズセンターは町田市が市民農園の拠点として開設したものであるが、散策者もトイレも利用できるし自由に入り休憩できるようになっている。

Dscf0616
景観農作物であるそば。春の菜の花もみごとである。そばも菜の花もそれぞれそば粉、菜種油としてボタン園の前にある「ふるさと農具館」で体験でき、購入することも可能である。

Dscf0619
ふるさと農具館前で珍しい四角豆を購入した。

Dscf0623
オトコエシは女郎花の黄色に対し白。

Dscf0629
ヌスビトハギ

Dscf0634
ヤブミョウガ

Dscf0636
シュウカイドウ

Dscf0647
外来カマキリ警告

Dscf0650

この散策で万歩計は14355歩。いい運動になった。

2016年5月 3日 (火)

七国山風致地区散策

手造り駐車場がやっと完成した。娘が孫を連れて来やすいようにと昨年師走はじめから庭木の伐採・抜根、地均し、防草シート敷、コンクリート平板敷、パークチップ敷、10cm段差解消鉄板の特注など殆どひとりで施工していたが、半年掛でやっと完成したものである。銀木犀七本、イロハモミジ三本、アジサイ「墨田の花火」の大株などの抜根には腰を酷使、イロハモミジの抜根は無理と思いプロに頼むべく見積もりしたが金額を聞き余りの高額に自分でやることにした。最悪自前のチェーンソーで何とかなると思ったものの苦労した。見兼ねて息子が手伝ってくれ何とか一週間で抜根できた。

気掛かりな問題が解決できたということで、好天気に誘われて久しぶりに七国山へ散策に出掛けた。

まずは昨年掻い掘りで池がフレッシュに蘇った薬師池公園 必ず立ち寄る「萬葉草花苑」
「キバナタンポポ」

Img_8400
野津田薬師堂 手前は樹齢不詳ではあるが公孫樹の老木 薬師堂は天平年間にかの行基によって開基された市内最古の寺院

Img_8404





薬師池公園西の谷戸 谷戸頭  谷戸頭の上道路は分水嶺 西は恩田川、東は鶴見川

Img_8409
七国山ファーマーズセンターと菜の花畑

Img_8412
町田ぼたん園 1700株の牡丹400株の芍薬

Img_8413

Img_8416

Img_8417

Img_8419

Img_8420

園から見えた鯉のぼり 

Img_8424
おとうさん真鯉は泳いでいるが子供たちはあっぷアップしている。 子供たち頑張れ、ここで一句

 薫風を 泳げや 父の背を追いて   無為庵呆太郎

2013年8月16日 (金)

七国山でブルーベリー狩り&植物観察

七国山風致地区内野津田神社前でブルーベリー狩りをし、その後同じく七国山風致地区
内にある薬師池公園にて植物の観察撮影をして名残の夏を楽しんできた。

ブルーベリー園は先月初めて訪れて様子が分かっているが、盆休みの
可能性もあり閉園の場合は暑いけれど七国山風致地区の西奥一帯を歩く
つもりで出掛けた。薬師池公園北駐車場と大賀ハス田の間の道路を西へ
入り突き当りを北へ進むと左に野津田神社がある。
目的のブルーベリー園はその鳥居の前で受付で収穫用バケツを借りて
ブルーベリー園へ。

大きめのバケツが収穫しやすいというので3キロ用のバケツを借りた。
9時前だったが既に先客が数名おしゃべりしながら摘んでいる。道路をはさみ反対側の
神社の横を入ったところにも同経営のブルーベリー園があるそうだ。
Dscf8754
30分程度で結局1350グラムを収穫した。100グラムあたり130円で¥1,755.-
入園料なく、途中食べても良い。

Img_38181kg

Img_3798
薬師池公園へ戻り大賀ハスはおとんど終わりかけている。咲いているのも小振りだ。
Img_3800
池への途中「萩のトンネル」が自由民権の鐘の手前にある。
Img_3802
既に開花し始めている。小さな秋を見つけてしまった。
Img_3803_2
シオデ
シオデ(牛尾菜)の若い茎や新芽はアスパラガスに似た山アスバラガス呼ばれる。
和え物やてんぷらなどで食す。見た目は見えないがユリ科。
Photo
実家の庭にもあった懐かしい花「ノコギリソウ
Img_3804

オミナエシも美しい。 これも秋の七草。
Img_3807
キキョウも同じく秋の七草
Img_3808
ホウズキは一部実を地面に落として世代交代の準備をしている。
Img_3809
ツリバナ」は可憐な花と実で好きだ。七国山緑地保全地域内でも観察している。
Img_3810
自宅庭のあちこちでも咲き始めている「タカサゴユリ
Img_3812_2
なんとなく懐かしい「ケイトウ
Img_3814

ブルーベリーは1キロをジャム用に、残りはヨーグルトやサラダとして生食に。
Img_3817300g

2013年6月10日 (月)

花紀行 日野市高幡不動の紫陽花

花紀行 日野市高幡不動の紫陽花   TAKAHATA-FUDOH

高幡不動尊境内には多くの植物が植栽されている。
1img_3504

山野草の他、花木として梅25本、椿200本、山茱萸5本、辛夷20本、桜300本、もみじ1350本
そして最も多いのは紫陽花7500本170種以上とのことだ。撮影中雨が降りだして中断。

大日堂の前に咲いていた八重のドクダミ

1img_3507

残念ながら紫陽花は9種しか撮影できなかった。

みやまむらさき
1img_3512
桃花
1img_3513

獅子頭
1img_3514

黒姫
1img_3515

くれない
1img_3517

みやび十文字
1img_3518

紅てまり
1img_3519

真紅
1img_3524

美河千鳥
1img_3526

炭は植物の生育環境を整えてくれる。菌根菌は菌糸を張り巡らせて土中の
ミネラルを植物の根に供給する。酸性土壌をアルカリ性にする働きもある。
炭の多孔質は乾燥多雨両面で対応してくれる。また通気性を高め根の酸欠を
防ぎ土を柔らかくすることで植物を健全に育てることができる。
わざわざ購入せずとも間伐材や剪定木の炭化でいいのだ。

1dscf8608

今朝の体調は良かったが、気分が乗らずぎりぎりまで迷ったが、明日以降の
天気予報がいまいちとのことで頑張って出掛けたものである。結果的には
途中降雨でスケジュール遂行を断念したり、逼迫便でトイレに駆け込んだり
大変な目にあった。やはり気分が乗らない時は止めた方がいいらしい。

2013年6月 8日 (土)

花紀行 七国(ななくに)山風致地区

町田市七国山風致地区(125ha)内風致公園である薬師池公園

ニワフジ
園芸用として庭に植栽したことに由来。 本来は川原に生えている。
Img_3473

ムシトリナデシコ 別名ハエトリクサ、コマチソウ。 
Img_3474

キリンソウ
Img_3477
ムサシアブミ
テンナンショウ、マムシグサに似ていて同定は難しい。
左右大きさが同じぐらいの3小葉と先端が巻き込む仏炎苞など,ほかの種類にはない特徴がある。

Img_3478
ナミキソウ
Img_3479
睡蓮
Img_3483
コウホネ
Img_3485
アサザ
Img_3486
ホタルブクロ
案内した人が七国山のホタルブクロは白いというので驚かれたことがある。
白っぽいのが多い。
Img_3481

紫色もあります。
Img_3488

2013年5月 3日 (金)

キンラン・ギンランは自然な状態で楽しみましょう~移植しても育ちません

金蘭・銀蘭の写真をアップしたら、その育て方を知りたくて検索してやってきた方が多い。

金蘭銀蘭は移植したら育ちません。理由は下に述べてる通りです。やはり野に置き、自然のその環境を含めて一緒に観て楽しみましょう。

無為庵太郎自宅前から50歩位の距離に公園がある。
数日前にここでギンラン(銀蘭)3株とキンラン(金蘭)2株が咲いているのを見つけて
驚いた。近くの緑地で確認していたが、自宅そばのしかも毎日子どもたちが
走り回っている公園のため絶滅危惧種を見つけて嬉しいよりは驚いている。
Img_2985

今朝犬の散歩時カメラを持参して撮影してきた。
ギンランは直ぐに判ったが、キンランは見当たらず
子どもたちに踏まれてしまったのか公園では仕方ないかと
諦めて帰りかけて別の場所を見たらキンランが2株ほどさいているのが見えた。

Img_2987
近所の緑地で春に絶滅危惧種の「キツネノカミソリ」の葉を見つけて驚きその年の八月に
花茎が伸びてきて開花した時は歓喜したものである。今年同じ住宅開発地の緑地や
古街道脇で金蘭銀蘭を確認しているが、まさか公園で見つけるとは。ここは自然の
地形を生かして人工的な造成を抑えた公園にしているのが良ったようだ。

Img_29911
キンランギンランについて無為庵のブログに来た方の検索ワードに
「育て方」というのがあり、自宅に持ち帰り移植しようと考えている人が多いことが判った。

Img_29932
キンランギンランが園芸店で出ていないのは移植しても育たないからである。
「菌根菌」と呼ばれる菌類と共生する独特の生育形態で、通常植物は自らの
成長に必要な炭素源を光合成により生産しているが、金蘭銀蘭は自らの光合成で
生産する炭素源のほか、土中の菌根菌が落ち葉や動物の死骸などの有機物を分解
して生産する炭素源にも依存している。自然状態においては自らの光合成よりも、
むしろ菌根菌へ依存している割合の方が高く、菌根菌なしでの生育は困難で。
この花を採取して移植しても家庭で育てる事は不可能と言うわけだ。

2013年4月26日 (金)

キンラン

キンラン、ギンランは言わずと知れた絶滅危惧種であるが、我家から250メートル以内の
緑地通路脇に咲いていることが判り驚いている。

Img_2943
道路沿いであり、盗掘される懸念があったが、何とかもっている。

Img_2944
移植しても根付かないことを知っているからだろうか。菌根性樹木・菌根菌・キンランの
三者共生系を構築しなければ栽培できない。昨年まで活動していた自然保護団体でも
活動エリア内通路傍に咲いていたキンランを盗掘の危険ありと移植するという無知を
犯した役員がいた位だから、ましてや一般人ではなおさらである。

Img_2947
ギンランは別の緑地でカメラ持参で行ったが花は終わっていて、観察した別の場所へも
行ってみたが確認できなかった。

絶滅危惧種ではキツネノカミソリも毎年咲いてくれている。このように 自然豊かな場所で
生活できていることを感謝している。

花散歩

好天気に誘われて近所を散歩した折に目についた植物を撮影した。
フランス菊、我家のはまだ蕾だが、株立していて綺麗だ。

Dscf8235
紫蘭 
どこの家の庭にもあったものだが、今や珍しい位。名前を知らない人も多くなった。

Dscf8236
モッコウバラ
可憐で丈夫なため人気であるが、剪定しないで放置し、花がらの掃除もしないで道路を汚している家も見受けられるのは残念だ。

Dscf8238
芝桜 モスフロック
羊山の芝桜を今朝の情報番組で取り上げていた。

Dscf8239

Img_2938
相模川土手のも丁度見頃だろうか。

2013年4月 5日 (金)

七国山風致地区散歩2013春

昨年秋以来の七国山(ななくにやま)風致地区に足を運んだ。

シャガ
木陰の湿った場所に群生。中国原産の帰化植物。三倍体のため種子が発生しない。
日本のシャガは同一の遺伝子を持ち、その分布は人為的に行われたもの。
東京都でレッドリストの準絶滅危惧種に指定されている。別名で「胡蝶花」。
七国山(128.6m)山頂北斜面は1975年東京都から緑地保全地域の第1号に指定された
「七国山緑地保全地域(10ha)」の東入口にも群生しているが、旧汎蒼庵(はんそうあん)
近くでもあり地主であった坂倉家が植栽したのかもしれない。

Img_2852
クサノオウ
20数種のアルカロイド成分を含み、有毒である。黄色い乳液はさもありなんと
納得できる。その毒を人間は薬として利用してきている。つぼみの頃に刈り取り
乾燥させ、いぼ取りや、水虫、インキンタムシといった皮膚疾患、外傷に使用。
煎じて消炎性鎮痛剤として作用し胃病など内臓疾患に対して効果ある由。
和名クサノオウ命名由来説として
    ①植物体を傷つけると黄色の乳液を流すので草の黄。
    ②皮膚疾患に有効な薬草という意味で瘡(くさ)の王。
    ③鎮痛剤として用いられたことから、薬草の王様。
イボクサ(疣草)、タムシグサ(タムシ草)、ヒゼングサ(皮癬草)など地方により別名あり

Img_2853
ニリンソウ 二輪草 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
深く裂けた根生葉を持つ。3-6月に、白い萼片を持つ直径約2 cmの花。
多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっている。
まれに1輪や3輪のものもある。根茎で増えるため、群落を作ることが多い。
別名「フクベラ・ガショウソウ」。後述イチリンソウとは花の大きさや葉が違う。

Img_2855
ハナズオウ 
花蘇芳は中国原産のマメ科ジャケツイバラ亜科の落葉低木。高さは2-3mになり、
葉はハート形、葉柄の両端は少し膨らむ。早春に花芽を多数つけ、3-4月頃
葉に先立って開花。花には花柄がなく、枝から直接に花がついている。
花は紅色から赤紫で長さ1cmほどの蝶形花。開花後、豆果をつけ、秋から冬に
黒褐色に熟す。花蘇芳の名は、花弁の色がスオウ(蘇芳)で染めた色に似ているため。

Img_2858
タンチョウソウ
丹頂草はユキノシタ科タンチョウソウ属の多年草。
原産地は朝鮮半島や中国東北部で、日陰の岩地などに生える。
和名の由来は、花を丹頂鶴の頭、茎を首、葉姿を羽に見立てたもの。
葉の形が八手(ヤツデ)に似ていることから岩八手(イワヤツデ)の別名もある。

Img_2859
キランソウ シソ科、園芸方面では学名のアジュガで呼ばれることも多い。
今自宅そば公園の芝の中にも綺麗な紫色のために目立っている。
多年草のものが多く、立ち上がるものもあるが、匍匐茎を出すものが多い。

Img_2862
カタヒバ 岩の上などにはえる多年草である。
片檜葉という名前は、イワヒバに似ているものの、枝が片方にしか伸びないことに由来。

Img_2871
ムラサキケマン
この時期犬の散歩時によく見掛ける植物。湿気のある草地を好む。
葉は複雑に裂けていて、茎の断面は五角形、切り口から黄色の乳液を出す。
悪臭でもちろん有毒。白色も見掛けるが少ない。ケマンとは「華鬘」で
仏像や堂塔の頂きにつける花飾りのこと。別名ヤブケマン、カジバナ。

Img_2873
フッキソウ
ツゲ科の常緑小低木。常緑でよく茂ることから富貴草と書くことから縁起がよいと
好んで植栽されている。茎は地面を這い、先が立ち上がる。多数の葉がらせん状につく。
吉祥草と間違える人がいるがこちらはユリ科。

Img_2877

イチリンソウ 匍匐枝を出し群生することが多い。茎につく葉は鞘状に広がった柄を
持って3枚が輪生する。小葉は3出複葉で、羽状に深く裂ける。花茎の高さは
20-30cmになり、直径4cmの花弁状の萼片を持つ花を1個、花茎の先端につける。

Img_2866

ヤマブキソウ ケシ科ヤマブキソウ属の多年草。根出葉は奇数羽状複葉で
長い葉柄がある。小葉は先端はとがり、縁は切れ込みと細かい鋸歯がある。
花期は4-6月。上部の葉腋に長さ4-6cmの花柄をもつ黄色い花を1-2個つける。
和名は花の色がヤマブキに似ることによる。クサノオウにも似ている。

Img_2868

カラタチ
枳殻、枸橘はミカン科カラタチ属の落葉低木。これを見ると北原白秋の詩を
口遊んでいる。幼い頃から親しんだ名前だが、実際にカラタチを見た時は
その棘を見て驚いたものだ。その鋭い刺があることから棘故に生垣に利用されている。
葉はアゲハチョウの食草となっている。

Img_2878

イカリソウ
碇草、錨草 はメギ科イカリソウ属 の落葉多年草。
4枚の花弁が距を突出し錨のような特異な形をしているためこの名がある。
葉は複葉で、1本の茎に普通1つ出るが、3枚の小葉が2回、計9枚つく2回3出複葉であることが多い。全草は淫羊霍(いんようかく)という生薬で精力剤として有名である。

Img_2880

ヤマザクラ
吉野の千本桜?とはいかないが雑木林の芽吹きとともに淡いピンクがいい。

Dscf8134
東京都が1961年指定した「七国山風致地区」125ha内にある薬師池公園

2013年3月29日 (金)

思いがけない桜たち

桜の名所と呼ばれる場所が各所にある。
所謂「花見」と称して桜下の宴でどんちゃん騒ぎするのは見るのも嫌であった。
父が従業員家族を招待した「花見の会」を毎年催していて、一度須磨浦公園に
ついていき酔っぱらいやその果ての喧嘩など見て幻滅した経験からだ。

幸い職場は3月から5月頃まで多忙を極め、休日出勤をする程の部署が多く
どんちゃん騒ぎの「花見」は殆どせずに済んでいた。

桜の時期に休日出勤の折に、昼食がてら職場近くである日比谷公園まで行き
桜を愛でながらよく散策したものである。

この時期通勤電車から望める桜を見るのも楽しみだった。
桜の名所と呼ばれる場所の桜はさすがに見事である。

そういう場所を目で追っている時、とんでもない場所で見事な桜が
誇らしげに咲いているのを見つけることがよくある。

こんな所に桜の木があったっけ?桜の開花時期は毎年同じ日ではなく
個体差により違っている。思いも掛けず桜木の存在を知らされることも多く
驚かされるが楽しみでもある。

鶴見川遊歩道脇にこんな立派な桜があったとは驚きだ。

Dscf80861
Dscf80892

今日はルート変えて正解。花桃との競演も。

Dscf8093

正門からしか出入りしていなかった下丸子のグローバル企業。今回東側の門へ。
こんな桜並木があったとは知らなかった。外国からのお客様も喜ぶだろう。

Dscf8079

駅への途上にある「六所神社」。祭神は大己貴命、伊邪那岐命、素盞嗚命、
大宮比売命、瓊々杵命、布留大神の六神。

Dscf8083

その他のカテゴリー